« オレたちバブル入行組 | Main

映画「ロストクライム―閃光―」感想ですよ!

映画「ロストクライム―閃光―」を見てきましたので感想をば。なにか書かないと衝動がおさまらないかんじ。念のため、ネタバレ込みで。

とりあえずラブシーンが多いなあと。凄いのは、回想が良く入るんだけど、回想に入ってもラブシーンがあることです。なんかこれノルマ制なんじゃね?と、途中まで数えたのですがめんどくさくなってやめました(数えるな)

お話としては、所轄で起こったラーメン屋殺しの捜査で、出世狙いの若い所轄の刑事と、あと二ヶ月で定年の老刑事がコンビを組んで捜査する。老刑事のほうは、この事件にかの三億円事件が絡んでいることを察知し、封印された事件を掘り起こすべく事件の捜査にあたる。だが、警察官の家族が絡んでいた為にきちんと捜査されなかったという『三億円事件』を追う主人公コンビは、警察内で孤立し、追いつめられ…という展開。

トップクレジットは渡辺大ということになってます。奥田瑛二とのW主演で、実際に話を引っ張ってるのは奥田瑛二演じる滝口刑事の方じゃないかなと。そう思ったのは、渡辺大演じる若い刑事の方は片桐というんですが、誰も片桐さんの名前を口にしないんですね。警察内でも、この事件をかぎつけてくる記者も、みんな滝口を向いて話している。作中では片桐はオマケ扱い。

その滝口を片桐が終盤「おやっさん」と呼ぶようになり、つまり片桐は滝口に傾倒し、ラスト、これはネタバレなんだけど滝口を失った片桐が最後の最後で漸く真ん中に来る、みたいな話なのかなーと思いました。

なんだけど実際には片桐がいかにして滝口に傾倒するに至ったかとかそういう心境の変化とかとりたてて描かれていないので、なんでそうなるの?という割と根源的なところが個人的にはよくわかりませんでした(爆)。
というか、片桐は、これ、そもそもどういうキャラなのかよくわからない。彼は血気盛んでよくブチ切れる役であり、気に入らないことがあると彼女を乱暴に扱います。そういう役である割には、26才で巡査部長、結構出世が早くて、上昇志向であるらしい。いや、出世が早い上昇志向ならあんなに切れやすく周りにつっかかったりしないでしょうと思うんですよ。
上昇志向の人が滝口に引っ張り回されて、あるいは感化されて警察内で楯突くみたいな内容であるなら、片桐の心理の変化がもうちょっとないと、なんで彼が主役なのかすらよく分からない話なんじゃないかなーと…

あと、ラブシーンも多いけど、食事シーンも多かったですね。監督の重要なポイントなのかしら。
クライマックスで滝口が川に沈み、片桐だけが生き残り、警察官に包囲されて片桐が吠えるように叫ぶ…というのはなんか既視感がありそうな、体制VS個人みたいな演出なんですかね?と、そのような感じでした。
こんなん言ってますがとりあえずおもしろかったですよ!三億円事件の生き残りをバンバン殺していくあの人はどこでその銃を手に入れたの!とか、ツッコミどころ満載ですから!

渡辺大ピンポイントの感想で言うと、頭にタオル巻いてるところがいちばんよかったです(なにその感想)。あとラストのビジュアルはよかったなー。やっぱカッコいい!
小道具的な話をすると、もっとも印象深かったのは、元警官のホームレスにして事件の重要人物がケーブルマフラーとケーブル帽子のコーディネートで決めていたところが、絵面的におもしろかったですよ!って、どこを見てるんだって話ですな。

|

« オレたちバブル入行組 | Main

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/48907835

Listed below are links to weblogs that reference 映画「ロストクライム―閃光―」感想ですよ!:

« オレたちバブル入行組 | Main