« 横山秀夫『臨場』を読む | Main | 映画「ロストクライム―閃光―」感想ですよ! »

オレたちバブル入行組

今度「鉄の骨」がドラマになるらしいので原作を買ってきて、そういえば昔読んだこの作品について書いてみることにしました。池井戸氏は元銀行マンということで、銀行ジャンルものをいくつも書いている作家さん。
本作は、バブル期に銀行にはいった半沢さんが主人公。とは言っても彼も既に大阪西支店の融資課課長。無理目な融資を上司の押しで無理無理やってみたら、融資先が焦げ付き、その責任は全て半沢に押し付けられる。どうやらスケープゴートにされた模様。
半沢は逆襲に燃え、様々な手を使って真実に辿り着き、自分を陥れた人物へのリベンジを謀る。という内容です。

銀行ものですので難しそうな内容を書いているのですが、割とそれが読みやすく、上手くかみ砕いて説明して貰えるような感じです。銀行の中でもいろんなタイプの人が出てきてそれも面白い。特徴的だと思ったのは、主人公のリベンジっぷりです。リベンジされる側がかわいそうになってくるくらいえげつないやり方で、なんていうかドス黒い(笑)銀行の上にある陰謀を暴いてるっていうと勧善懲悪みたいなんですが、主人公は、明らかに私憤で動いてるように思えます。そのへん、ある種の綺麗で定型的な主人公ではなくて、ちょっと面白いような。それが非常にインパクトの強い作品でした。

主人公が陰謀に切り込んでいく時、敵に容赦なく相手に斬りかかっていくんですね。悪意丸出しと言ってもいいような感じで。それが出来るのは、陥れられて、やり返している立場だからなのかな、自分が正しいと思っている立場だからガンガンいけるのかなー、と思ってみたり。

|

« 横山秀夫『臨場』を読む | Main | 映画「ロストクライム―閃光―」感想ですよ! »

「読んだ本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/48627574

Listed below are links to weblogs that reference オレたちバブル入行組:

« 横山秀夫『臨場』を読む | Main | 映画「ロストクライム―閃光―」感想ですよ! »