« よりぬき銀魂さん「鍋は人生の縮図である」 | Main | 「世界で一番おいしいコーヒー」 »

ドラマ「八日目の蝉」二回目感想

「八日目の蝉」二回目を視聴。
今回、意表を突かれたのがエンゼルさんでした。公式サイトをまったく見ていなかったので、次回予告を見ててっきり高畑淳子が責任者なのかと思っていたら「エンゼルさんです」ですげー普通のおばちゃんが出てきちゃったよ!

これ、妙に怖かったです。高畑淳子演じるサライさんのようなコワい雰囲気の人から「貴方の財産は全部ここで使わせて貰うわ」とか言われたらいかにもあやしいではありませんか。フツーのおばちゃんな風情のあのエンゼルさんからいかにもおばちゃんぽく「みんなでお金を使うのよ」とか言われたら丸め込まれそうです。そこが怖い。

ところで、希和子が随分お金を持っているとエンゼルさんが言っている事や、「貴方は堕胎の経験があるわね?」と即バレしているところを見ると、あの組織からしてみると、希和子の正体は最初からある程度見えていたんですかね?組織の首脳部が新聞やら外界の情報に触れないはずがないし。

エンゼルさん側にそういう印象を受けるだけに、希和子の嘘がとても痛い。薫を産んで育てていこうと思った、だからそうした、彼女は「本当はそうしていればよかった」と思ったのでしょう。それは彼女なりに必死でそう思ったんでしょうが、本当はそんなものは嘘っぱちだと見抜いている人間が向こう側に居ることが見えると、希和子の行動の愚かさが余計クリアになるような気がします。

映像で見ると希和子ってホントにひどいことしてるなあと思ってしまいますね。原作でもやっている内容は変わらないんですがそういう感じではなかったんですよね。何故だろう。

原作は、とにかく希和子の愛情の深さは伝わってくるような気がしたんですが、ドラマは最初から「希和子の行動はひどいなあ」とダイレクトに思ってしまいます。なんか、非常に醒めた視線で見てしまうというか。
初回、不倫している時も、希和子は彼の言うとおり中絶したけど奥さんと彼が仲むつまじく歩いている…という姿を見てショックを受ける、という場面があったんですが、『だってあの男はもともとそんなしょうもない男なんだからしょうがないじゃん』とか、非常に突き放した感想しか浮かばない(苦笑)

でも、それ故に、今回のセミナーでの「(彼に)騙されていたのかも知れません」は非常に希和子らしいように思えました。いやー騙されてたんだよ!としか思えないんだけど。
いや、でも、あの男はだらしないダメな男なんだよ、と気づくことがなくここまで来たっていうことなのか。っていうか今の時点では「騙されていたのかも」と思うしかない、のかも。希和子は愛も子供も失ったと思っているわけで、その根底にあった「愛」が、しょうもない男の戯れ言だったなんて、失ったと思った「愛」が元々まがい物の一方通行なものだったなんて、そんなこと気づくわけにはいかないような。

そう考えると、ドラマの希和子の赤ちゃんへの執着は愛でもなんでもないのではないか?と、根本的なことを考えてしまいました。原作の希和子の状況を見ると、確かに、何もかも失ってあとは赤ちゃんしかいない、という感じがしたのですが、この期に及んで丈博さんに騙されていた、のかも…とか自己憐憫に浸っている希和子は、赤ちゃんを愛しているようには見えない。そこに赤ちゃんがいたから縋った、ということなんでしょうか。

でも、それは希和子にとって一方的に救いであっただけで、赤ちゃんにとってはいい迷惑ですよねえ?あの子だって、ふつーに両親の元で育っていたら普通に育ったでしょうに。子供は親を赦すかも知れないけど、子供にだって魂があるんだから、そこに至るまでに色々考えると思いますよ。なんというか、希和子は幸せかもしれないけど、赤ちゃんが可哀想。赤ちゃんはモノなんかじゃないのに。人が救われるためのツールなんかじゃないのに。その子には魂があって人生があるのに。
だって、その結果育った恵理菜は本当に不幸じゃないですか。それは誰のせいなんだと。丈博さんと奥さんと希和子のせいだよね?ってこれ、前も書いたなあ。

あんな雨に晒して、不便な思いをさせて、あれで赤ちゃんが病気にならないのは単なる御都合主義です。そういうところをすり抜けて希和子の行動を「愛」だと、ただ美しく描かれるのだとしたら、そこはあまり納得いかんです。なら最初からずぶ濡れの雨のシーンなんか、たとえ演出上でも撮らないで欲しい。

ところで今回のドラマの、
薫=恵理菜はお父さんが不倫していて、自分も、嫁が子供を産むから実家に帰っているような男と不倫している。
希和子自身はお母さんが不倫していて男と出て行って、自分は、子供を産む奥さんに向かって「彼と別れて下さい」と直談判しに行く。(※)
これは、連鎖している、ということなんでしょうかね?

(※)
これ、よくよく考えたらとんでもない発想ですよね。不倫相手に子供を中絶させて、奥さんに子供を産んで貰おうという男がいたら、そこにはまったく誠意がないと思うのですよ。
でも希和子は、「私と丈博さんには愛がある、だから奥さんの貴方は(今赤ちゃんが居るけど)丈博さんと別れて下さい」と、今赤ちゃんがお腹の中にいる人に向かって言う。それも自発的に電話して奥さん呼び出して直談判。実はこれ凄いよなーと後になって気づきました。

|

« よりぬき銀魂さん「鍋は人生の縮図である」 | Main | 「世界で一番おいしいコーヒー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/48039116

Listed below are links to weblogs that reference ドラマ「八日目の蝉」二回目感想:

« よりぬき銀魂さん「鍋は人生の縮図である」 | Main | 「世界で一番おいしいコーヒー」 »