« 「純情ロマンチカ」 第9話「情けは人の為ならず」感想 | Main | 「純情ロマンチカ」 第12話 「袖すり合うも他生の縁」感想 »

純情ロマンチカ感想10話・11話分まとめて

個人的お待ちかねだったテロリスト編です。
好きなんだけど、運命なんだ。
エエエエなんだよそれは?!ええもう、最初から吹きました。これは吹くんじゃなかったら、宮城のように黙るな。
しかし忍回想の、不良に絡まれた忍少年を助ける宮城。これはなんか、妙にカッコイイ。ヤバいです、これは惚れます。マジかっこいいよ?男同士ダロ、とかいうのはこの際置いておいて(そこを置いておかないとね、この手のBLというものは)忍が宮城に惚れた理由というのはなんとなく分かった気がするよ!

さて、宮城の前に現れた少年、高槻忍はなんと、三ツ橋大学学部長のせがれさんでした。ところでこの学部長は凄い。元婿に身内のめんどくさい話を押しつけるくらいはいいんですが(そこはフランシスで慣れた)、仕事忙しいですからと宮城が断ると、「上條にやらせておけ」とまったく関係ない赤の他人に仕事を振ろうとする。どんだけ公私混同なんだよ!

そんなこんなで忍君は宮城のマンションにご厄介になることに。ここで名物、キャベツ料理の登場です。こういうのはアニメは良いですな。包丁をじっと眺める忍君は、なんかそのまま頸動脈でも切りつけそうな表情にも取れます(それアニメ違うから)(しかもネタ古いから)で、謎の呪文を呟きながらぐわっとキャベツを炒め、(ってあの台詞からすると豚肉かなにかが混入されているのでしょうか)キャベツづくし膳を出す。

キャベツ炒め(のようなもの)・キャベツのみそ汁(味噌汁部はインスタント)・ごはん(は宮城が炊いた)・キャベツの千切りって、これはそのへんのスーパーで総菜コロッケでも買ってくればそれはそれで一件落着のような気がしました。
この回登場したヒロさんはお肌がツヤツヤになったそうですが、それはCパートのように素晴らしい弁当を食っているからだと思うよ!あの弁当は感心しました。ところでヒロさんは独身で弁当だからいまどきのカテゴリーだと世間的には弁当男子になれるよ!(まあ実際には同棲なわけだが)

さて、そのヒロさんです。
お肌ツヤツヤ。えーなんですかそれは。
個人的には、二人で一緒に暮らすことである程度規則性のある生活がなされ、食生活にも改善が見られたのでなんか健康そうに見えるようになったというのが無難な回答だと思われます。一人だと無茶して夜更かしとかしちゃいますが、二人だと「そうだなーそろそろ寝ないと」みたいな作用があるのかもしれない。
あと、どう見てもコンビニかレトルト食いだったヒロさんがあんな立派なお弁当を持参するわけですから、食生活も劇的に改善されているはずです。自分で作るとざっくざくな切り口(二期6話)なわけですが。
しかし野分作の弁当は真面目に凄い。なにあの栄養価とか彩りとか量とか色々考えた素晴らしいシロモノは…!そこには愛があるんだろうなあ、としみじみ感じ入りました。

で、なんだかんだで、ロマンチカおやくそくのえちシーンです。
ゴメン、流れが良くわからない(爆)ついさっきまで男は興味ないとか言ってた人がそこまでするのかという。
しかもさー、男とはどうとか言ってるけど、あんたヒロさんにチューしようとしたじゃないすか教授!どうやらあれは、彼の中ではなかったことになっている模様。素晴らしく自分に都合の悪いことは忘れていますね。真面目な話、本当に本当に男なんかゴメンだと言っている人は、忍君を帰すためにと言ってあんな行動には出ないと思うんだ。

そうは言いつつ、今回の宮城教授の見せ場と言えばラストじゃないですかね。
そんなことも分からないからガキだと言うんだ、俺はガキは嫌いだ!
これはかっこいいですよ。仕事にかける意気込みというものが見える。くっついてくればいいなんて冗談じゃないと言い、物事にはそれに相応しい役割というものがあり、そういうものが見えないお前は子供だと言っているわけです。
これ、単純に高校生だからガキんちょだって言っているのとは違って、大事なことを理解できていないからその精神性が子供であると言っている。

これはかっこいいから惚れちゃうと思うよ?いや、高校生男子がそうであるかは置いておいて。

で、後半。
これはアニメなのできわどいシーンを徹底的に削っていますが、そのせいでなんだかよくわからないことになったような気がしなくもありません。宮城の葛藤も焦燥も、「あそこまでやっちゃった」というのを含んでこそなのかな?とアニメを見て思いました。
でも忍が高校生だったから難しいんですかね。つーかこんなん地上波のアニメで流せないと思いますが。そりゃしょうがないよなあ。

ところでこれ、ボロボロ削っている台詞やらシーンやらがあるわりには、ヒロさんの出番はパーフェクトなんですよね。いや、10回の「お肌スベスベ」とかなんとかいうツッコミは、宮城教授のスタンスを図る上で必要であり、11回のヒロさんに相談するやつも宮城がぐるぐる回るために必要なんだけど。

でもべつに空港まで車すっ飛ばす前のヒロさんとか削ってもよくね?二回連続弁当でオチをつけるのも美しくて面白いけど、それよりは空港シーンをもっと入れるとかなかったんですかねー。ロマンチカのアニメオリジナルシーンは面白くてよくできていて、これも好きなんだけど、この回は空港シーンをもっと入れるとかしてほしかったですね。いや、弁当オチ好きなんですけどね。
(ので後半の感想がこんなに短い)

いや、私はヒロさん好きなんですけど、ヒロさんと宮城教授&忍の絡みも大好物なんですがね。

|

« 「純情ロマンチカ」 第9話「情けは人の為ならず」感想 | Main | 「純情ロマンチカ」 第12話 「袖すり合うも他生の縁」感想 »

純情ロマンチカ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/46412415

Listed below are links to weblogs that reference 純情ロマンチカ感想10話・11話分まとめて:

« 「純情ロマンチカ」 第9話「情けは人の為ならず」感想 | Main | 「純情ロマンチカ」 第12話 「袖すり合うも他生の縁」感想 »