« アニメ純情ロマンチカ6話「禍転じて福となす」感想-1 | Main | 純情ロマンチカ7話「可愛い子には旅をさせよ」感想 »

アニメ純情ロマンチカ6話「禍転じて福となす」感想-2

というわけで野分の手紙です。頑張って書き抜いてみたよ!
画面に映っていない部分は(略)と表しております。

*******

こんにちは。こちらは(略)
いかがお過ごしですか。俺はとりあえずこちらの環境にも慣れているつもりですが、最近ヒロさんに会いたいという気持ちがあまりにも募って、自分でも苦笑せざるを得ないような状況です。

ヒロさんに会いたいです。何がこんなに物足りないのだろうと考えたら、学校の授業とか、こちらの生活に不満があるとかではなく、ただただヒロさんに会えない事のみが、俺をこんなに不安定にさせるのだと知りました。

でも、まだ全然、ヒロさんの後ろ姿が見える位の人間にもなっていないのに、泣き言を言っている場合ではないと自分で分かっています。だから今この手紙を出すことはありませんが、いつか堂々とヒロさんに手紙を見て頂ける人間になるように頑張りたいと思います。

実は出国する前、ヒロさんの寝顔の写真をこっそり撮ってしまいました。毎日見ています。唯一の俺の支えです。ヒロさんの寝顔も大好きです。これ、ヒロさんにバレたら絶対に殴られると思うので秘密です。

手紙も無くなってきたので今日はこの辺にしたいと思います。また書きます。
ヒロさんに会いたい。(たぶん×6以上)
ヒロさんが好きです。
あなたに会いたい。

*******

これ、画面を見ながら写したんですが(暇人め)、そうすると、野分はこの手紙を、最初から出すつもりのない手紙として書いていることがよくわかります。結構最初の方で、この手紙を出すつもりがないことを明言している。

この手紙自体はおそらく留学初期に書かれた物でしょうから、もっと後になって書いた物は、それこそポストに入れる寸前に踏み止まったのかも知れない。
でも、この手紙に関して言えば、これは手紙ではありません。手紙という形で書いているのは儀式のようなもので、野分の書いたこの文章は、手紙ではなく日記だと思う。

文字にすると結構口には出さないようなことでも書いちゃえるものですが、それにしてもこの手紙は相当恥ずかしい。実際に野分もヒロさん本人にこの手紙を読まれて「うわあああ何勝手に読んでるんですか!」という対応です。朗読するに際しても顔面蒼白で、なにか罰ゲーム的な(いや、聞かされる方が罰ゲームだよ)

なのでこれ、手紙じゃないと思うんですよ。野分の日記帳。こんな恥ずかしいものは日記にしか書けない、その日記は捨てられないけど読み返すと恥ずかしい、みたいな。ヒロさんは捨てろっていうけど、これ捨てられないよねえ?この手紙を捨てろというのは、野分に、今ヒロさんに抱いている思いを捨てろと言っているようなものだと思うんだ(大袈裟)だからそんなもの捨てられないですよね?

そうそう、この手紙で面白かったのは、寝顔を隠し撮りしたという部分です。
ヒロさんに写真撮りたいって言ったら撮らせてくれないような気がするんですね。そりゃ、留学するからちゃんとしたヒロさんの写真が欲しいんですって言えば写真くらいくれるでしょうが、野分はホラ、説明が足りない人だし、ヒロさんに会えなくて寂しいから写真持っていきたいんですとかも言えるのかどうかわからない。

でも写真は欲しい。ので寝顔を隠し撮りする。で、その寝顔を見ていると、ヒロさんは寝顔も可愛いんだなと思う。寝顔の写真持っていって毎日眺めて「ヒロさんは寝顔も可愛いです」だと、野分おちついて!ってちょっと思ってしまいますが、野分も色々悩んで寝顔写真なんか撮ったのかなーと考えてみると、非常に可愛らしくて楽しいです。

|

« アニメ純情ロマンチカ6話「禍転じて福となす」感想-1 | Main | 純情ロマンチカ7話「可愛い子には旅をさせよ」感想 »

純情ロマンチカ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/45247800

Listed below are links to weblogs that reference アニメ純情ロマンチカ6話「禍転じて福となす」感想-2:

« アニメ純情ロマンチカ6話「禍転じて福となす」感想-1 | Main | 純情ロマンチカ7話「可愛い子には旅をさせよ」感想 »