« アンパンマンときかんしゃトーマス | Main | 森に眠る魚 »

銀行仕置人―池井戸潤

銀行仕置人」(池井戸潤)です。
なんとなく買ってみた本です。銀行もの。がーっと一気読みですよ。
融資の失敗の責任を取らされ「人事部付き」という閑職に追いやられた主人公・黒部。
彼は自分が陥れられ詰め腹を切らされたことに気付く。
追いやられた先での仕事といえば行員名簿の作成、そこはまさに行内人事の墓場。
そんなとき黒部は人事部部長に呼ばれ、”社内の不正追求”という任務を任される。
さまざまな支店に出向き行内の不正を暴いていく彼は、やがて自分を陥れた存在に近づいていく――というストーリーです。

ベタですね。非常にベタな設定であり、ベタな展開を見せます。
このまま行内で「普段は座敷牢と呼ばれる部屋で名簿作成、しかしその正体は不正融資やら行内の不正を暴く銀行仕置人」とかシリーズ化してもいいと思います。いや、むしろ変に職場復帰とか考えずにそっちの道に進んだらテレビドラマのシリーズものになりそうですよ!ぜひ見たい。
とか言ってるとほめてるのかよくわかりませんがひとつひとつの案件は一章ごとに完結するのでむずかしくなく、読みやすくてよかったです。ライトにおもしろいです。しかしラストに近づくに従ってヤミ金融に幾重にも食い物にされる経営者の描写なんぞは非常に怖いモノがあり、ライトなだけではない。

あ、そうそうこの作品で一番謎だったのが、主人公の黒部さんのご家族がまったく出てこなかったことです。出世コースからはずれ銀行内での出世がパー、という状況でご家族が出てきても描写に困るところかもしれませんが、本当に影もかたちも出てこない。銀行さんというのはなんとなく出世する=結婚しているというイメージがあり、ちょっと謎でした。っていうか妻子がいないならいないでそう書いてあればふーんと思うんですけど、本当に影も形も出てこないからな。

いろいろ書きましたがさらっと読むには非常に読みやすい作品でしたしおもしろかったです。
今度代表作をチェックしてそっちに行ってみようと思います!

|

« アンパンマンときかんしゃトーマス | Main | 森に眠る魚 »

「読んだ本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/44052089

Listed below are links to weblogs that reference 銀行仕置人―池井戸潤:

« アンパンマンときかんしゃトーマス | Main | 森に眠る魚 »