« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

ぜんまいざむらい

Zenmai

クレヨン一発描きのぜんまいざむらい。テレビを見ながらさくっと描いてみた。
子供にいろいろ描いてみたら(自動車・バス・電車・新幹線・消防車・救急車・果物・携帯電話などなど)旦那が「絵が上手いよね、美術得意だったの?」と心の底から感心しています。やだなあ美術とかじゃないっすよ!ハハハ。
こどもが女子ならプリキュアとか描くのに今の私はサンダーバード(※特急電車の名前)を模写しているわけですよ。あとまあ、NHKではテレビのジョンや百科おじさんも描いてますけどね!

あ、ぜんまいざむらいは私も好きなのでよく見ております。
なめざえもんがイイんですよ。金持ちのチャラ男ですね。チャラ男っつーのは旦那がそう言ったんですけど、いや本当になめざもんイイです。あのウザさがたまんない(笑)ただウザいだけではないのです。恋敵のぜんまいざむらいが記憶喪失になると「ぜんまいざむらいは嫌いだけど記憶を失ったぜんまいざむらいはもっと嫌いだ」と言って、必死になって記憶を戻そうとしてくれるのです。必笑だんご剣も手本見せてくれるし、いい人だ。

私が「なめざえもんがイイ」と言い続けていたら旦那が朝の時報代わりにぜんまいざむらいを見てくれるようになりました。家庭内布教効果。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相棒-劇場版-感想(2)

で、こっちは「満足できなかった部分」を延々考えてみて、どうしてなんだろう?というのをひねり出してみたパートです。なので、基本的に悪いことしか書いていません(いつもそういうことをしている気がしますが・苦笑)。こんなの書いてますけど、これは全部後付けで考えたことで、しかも私が「相棒ってこうじゃないか!」みたいな思い込みを元に書いているモノですので、そんなへんな思い込みを持っていなければなんら問題ないし、そんなコアなファンばっかりを相手にしたら客層が増えていかないし、そんなわけでこんなん書いたからと言って相棒の映画に文句があるわけでも、こんなんじゃ駄目だよと思っているわけでも、やっぱりつまらなかったと言っているわけでもありません。いや、本当にそうなんですよ。ただ一つ、「で、なんでこのテーマを相棒でやる必然性があったの?」ってだけで。
というわけでこっちも閉じてみます。てか、映画どころかドラマ版相棒のネタバレしまくりですがな。

Continue reading "相棒-劇場版-感想(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相棒-劇場版-感想(1)

相棒映画版を見てきましたよ!
東映が大ヒットをもくろんでいる…みたいな話をネットの記事で読んで、オイオイ大丈夫なのか?!と実は心配だったんですが、GWナンバーワンだそうで。すごいなあ…
結構面白かったです。後で考えてみると、あれ?ここはどうなの?っていう点があるんですが、とりあえず面白かった。見て面白かったし、満足しています。
もうちょっとこう地味でなおかつ最後にはベタに屋上で犯人を追いつめるような相棒らしいヤツが見たかった感はありますがこれ映画だし派手な方がいいのかも。
感想は一応閉じてみて。

Continue reading "相棒-劇場版-感想(1)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「風と雲と虹と」見始めた

「花の生涯」で味をしめたので、一日一話いけるんじゃね?と時代劇専門チャンネルの「風と雲と虹と」を見始めました。昔の大河ドラマというのは映像が全話残っていないもので(フィルムが高価だったから)、これは最近発掘されてデジタル修正をして世に出せるようになったそうです。完全版のDVDが出て、今回時代劇専門チャンネルで放映、ということになったらしい。

で、これは平将門の生涯を描いた大河ドラマ…つーことで、主演は加藤剛。そういうものを見ても分かるのだろうか?意味不明だったりしない?と不安だったりもしたのですが、見てみたらおもしろいです。でも、将門の従兄弟の平貞盛役が山口崇、つまり「大岡越前」で上様やってた人なので、平安朝の話というよりも、前世の強い縁で結ばれた二人が転生して吉宗と越前に!という話にしか見えなくて困っています。しかも西村・佐野両黄門も出てくるしな。

主人公の将門はいきなりおじさんに土地を横領されていて、しかも「おじさんが土地を横領している」ということにすら気づいていないという有様で、もう初手から騙されてるよヤバいよ君!って感じです。純粋で人を疑うということを知らず、世間知らずで世渡りが下手くそなのでいざ都に上ってもうまくいかない。しかも惚れた女は従兄弟に取られそうだし、だんだん見ていていたたまれなくなってきます。

この従兄弟の貞盛、最初将門に女を取られるのですが、都でやり返して将門の女を取ってしまう。(最初のやつは、将門自身は自分が惚れた女が貞盛の女だと知らないけど、貞盛は分かってやってる)でも貞盛が言葉に出すと「俺はお前を好きだ、大切に思っている」なんだよね。こういう関係性は王道ですな。

さて、主人公がいたたまれないので私としては単純な萌えをも求めたいところで、それは藤原純友(緒方拳)がカッコイイのでたいへん満たされています。もーこの人カッコイイんだわ。いかにも英雄って感じのキャラだし、政治に関しても国家観まで持っており、現実と制度の矛盾について語るさまは思わず聞き入ってしまうほど説得力のあるものです。主人公を見ていると微妙にいたたまれない気持ちになってくるので、スカッと格好よく萌える人はいいですな。

今後の展開が楽しみ…ではあるんですが、あんまり見てて分からないのもなんだからってことでさくさく将門やらについて検索してみたところ、もっといたたまれないですよ?!れ、歴史ものはこれだから…でもがんばって完走!希望!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« April 2008 | Main | June 2008 »