« 帽子も編んだ | Main | 「花の生涯」(北大路版)を時専で見たよ »

School Days DVD最終巻

School Daysの最終巻を買ってしまいました。楽天で在庫ありになってたやつを衝動でポチリ。初回限定版というのはCDやブックレットがついているということでそっちにしたわりにはまだCD聞いてない…

最終話は結構怖い内容で、具体的には血が赤かったり包丁で刺す音やノコギリで切る音が入っててショッキングです。妊娠堕胎勧告メールを受け取った世界が誠を滅多刺しにしちゃう場面はカットが追加されてたりするんですが、これがなかなか怖い。

世界が誠をひと突き、のあとAT-Xで見たやつでは、もがき苦しみ倒れる誠の後ろに回る世界の足、しかカットがなかったのですが、セル版のDVDでは、誠をひと突きしたあと無表情のまま、倒れ込む誠に向かって歩いていく世界が見られます。この表情が本当に怖いんですよ。世界はその後「ひどいよ!自分だけ桂さんと幸せになろうなんて!」と激昂し誠に包丁を突き立て続けるのですが(血の付いた包丁を振り上げるカットも登場…)その激昂した表情と、「ひどいよ!」と叫ぶまでの無表情ぶりのギャップが怖い。

世界は本当に誠が好きでいっときでも誠と楽しく過ごしたのに(そういう回想シーンも出てくる)、こんな冷酷なまでの無表情さで誠を刺しちゃって、こんなに残酷に滅多刺しにするなんて…なんともやりきれません。

ってこんなシーンをうっかりスロー再生してしまいましたが、こんな時でも世界の縞パンツが見えている(爆)スミマセンそんなところをチェックして…

その後、誠が惨殺されたのを言葉が目撃して、袋に入ったトマトを落としてその赤さで血の赤さを表している…というのが血が黒かった放映版の描写だと思ったのですが、セル版は血が赤いよね?ということは別の意味があるのですよね?というわけで、言葉が呆然として取り落としたトマトの赤は、言葉の血の涙だと思うことにしました。

さて、言葉が世界の頸動脈を切る時、ノコギリを引く絵も追加されていたわけですが、言葉は本当に精神が違う次元へいっちゃったんだという印象。違う次元へ旅立ってしまった感のある言葉と、誠に対する憎悪をそのまま刃で叩きつけちゃった世界。そのコントラストも印象的でした。

うん、怖いしイヤアアアと思ったし口あんぐりって感じだったけど、ただ単にやりすぎなまでに残酷!っていう感じよりも、ただでさえ痛いものが余計痛々しく見えたので、これはこれですごい代物だと思いました。


|

« 帽子も編んだ | Main | 「花の生涯」(北大路版)を時専で見たよ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

わー買っちゃったのですか!勇気ありますね。。そんなにカットが追加されているとは知りませんでした。ちょと見てみたい気もします。。

Posted by: まりや | March 07, 2008 at 01:20 PM

多分実店舗だったら買えなかったと思うのですがそこはネット通販の手軽さですね。ぽちっとつい。
怖いけど怖いだけでもない(と思う)ので、今度ぜひ!

Posted by: みなみ | March 08, 2008 at 10:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/40375586

Listed below are links to weblogs that reference School Days DVD最終巻:

« 帽子も編んだ | Main | 「花の生涯」(北大路版)を時専で見たよ »