« 「食品の裏側」 | Main | 「友吉、愛に死す」の感想 »

「八代将軍 吉宗」まだまだ序盤

八代将軍吉宗、飛びつつなんとか毎日見てます(なんか執念だな珍しく…)
西田敏行が吉宗を演じたこの作品、確か吉宗のかなり若い頃から西田敏行が演じる、ということで当時話題になったかどうかは思い出せませんが(その後「葵」でやりすぎでしたが。)小林稔侍演じる吉宗の側近・加納久通。吉宗は子役三人が西田敏行の前にやってるわけなんですが、加納久通はずーっと小林稔侍なんですな。年齢設定はどんなもんなんだろ、と特に考えもせず見ていたのですが、台詞の中で久通の年齢が。第5回「江戸の迷子」の時点で25歳だそうな。

えと、小林稔侍さんは1943年生まれらしいので、1995年放映のこの大河ドラマの時点では…52歳ですね。倍だよ!大河ではありがちかもしれんけど。
そういえば久通とともに吉宗の側近であるところの有馬氏倫はすまけいなのね。次の「葵」では政宗なのね。ってほんとに同じ人出てくるなあジェームズ大河。気に入ると何度も使うのだろうか。

|

« 「食品の裏側」 | Main | 「友吉、愛に死す」の感想 »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/10537244

Listed below are links to weblogs that reference 「八代将軍 吉宗」まだまだ序盤:

« 「食品の裏側」 | Main | 「友吉、愛に死す」の感想 »