« サンデー44号感想 | Main | 映画の「タッチ」 »

サンデー45号感想

*絶対可憐チルドレン
あ、「梅枝」(”うめがえ”に訂正だそうで)と「ナオミ」なのか…それで上司が谷崎なのか…まんまやな。まー谷崎も源氏あるし。
谷崎主任と比べると皆本は健全極まるなあ。その分薫ちゃんにエロ成分が注入されているわけですが(笑)なんかでも谷崎さんと皆本、年は16違うけど地位は同じなんだよね。まあ、「現場運用主任」とゆーのは特務エスパーの指揮官ポジションらしいのでエラいのかエラくないのかよくわかりませんが。つーか皆本が若いのか。ハタチって一般では大学すら出てないもんなあ。

この漫画は毎回楽しい紫穂の毒舌があるわけですが、今回は「無理よ薫ちゃん」が最強な気がする。そして今回の女の子スキーとしての萌えどころはナオミさんのブラさらけ出しよりも、葵の柄物パンティであると思います(間違った方向かもしれん…)ところで皆本の理想って具体的にはどんなだろうとちょっと聞いてみたくもあり。

おそらく椎名先生は女の子キャラが得意とゆーことだとは思うのですが、そうは言いつつ、男性キャラもとても魅力的だと思うのですよ。ジパングの殿などもそうですが、皆本もまた、常に受身に立たざるを得ない立場で(チルドレンに構われ今後兵部に揺さぶられることも予想され)本質的には善意を試されるとゆーオイシイ(きっぱり)ポジション。え、椎名漫画ってもしかして男キャラにつくファンは狙ってないの?
もし狙ってないのだとすると、狙ってないからこそ描ける素晴らしい才能があるのではないでしょうか。と、ちょっと間違った方向性で期待しております。最初はどうしても子供三人相手に常識を説こうとする立場かと思ったけど、がんばって子守をする若造が同性の年長者に精神的にイジられるというのは楽しゅうございます。

*見上げてごらん
富士丸パパがそっくりなのはベタだけど笑えました…
特訓はちょっとアイ○ールドの東京タワー編を連想しました。ああゆうの定番だよね。

*こわしや我聞
第一研編は普通にクライマックスかかった展開だと思うのですが。
今までの伏線も美しくまとまりそうな気もするのですが。
でもここで終わってしまったら國生さんセーラー服とか國生さんナースとかいまだ登場しない國生コスが消化されないよー(泣)と、大変ゆがんだことを一瞬考えましたすいません。それは多分消化されるべき事柄ではないのだと分かっていますけどね。つか、どうやってセーラー着るんだよ。いや、メイドも巫女もなしとげた藤木先生なら、セーラーを着せるシチュエーションくらい朝飯前のはず!(だから黙れ)

さて本編ですが、なんだ若様ってよその若様だったのか。こわしや我聞とゆー漫画はある意味ベタが売りだから、「真芝の後継者」くらいやってくれると思って勝手に妄想したのにー!(いや、それ妄想ですから…すみません妄想炸裂で。大変陳謝)
つーか若様、繊維工業の老舗の若君なのになんでメカニックの天才なのだよ(笑)どんな設定や!つーかメカニックの天才が真芝を乗っ取り返したって、もとの会社は復活させられんよーな気が…そ、それとも特殊繊維とかも得意なのか?老舗の新しい技術?いや、最初から特殊繊維を防具に組み込んでいるならいきなり繊維工業言われてもははあと思うかもだけど、なぜそんな脈絡があるんだかないんだかなご実家なのですか若君。と、若様の設定は実はツッコミどころが多いような気もしますが、でも若様だからいいや(笑)

そして我聞って、性格的に割と正論な説教をかます人だよね。若いのに。イヤミじゃないのが性格だと思うんだけど。でもああゆう説教は本来ある程度年齢のいったおっさんがかますもののよーな気もする。

で、前回の回想と同じ場面で再び登場した國生パパ。明らかに肩になんか重いもの乗せてますが、あれは洗脳アイテムの一種だったりするのだろうか。それともなんか治療道具とか…?つーか重そうだ。

*MAR
ところで私これ途中から読んだクチなんですけど、これで最終決戦をして、どのようにその先に続くものなのでしょうか…いや、続きようはいくらでもあると分かっているし、スノウは定番としてつかまってしまったんですけどね。
スノウはお約束で生贄系なのか?そうなのか?最近近所のコンビニに「烈火の炎」(いま「劣化」と出ましたよ。なんのイヤミだその変換・爆)のラストあたりを収録したシロモノが置いてあるので、非常に懐かしく読んでしまいました。

*ブリザードアクセル
最後にキスが来たけど、この二人はナチュラルにお互い心を開きあっているよーな気がします。ものすごい正統派なラブストーリーだよなー。理想の足に踏まれて喜ぶフェチ漫画(あいこら)の次に載ってるとギャップがスゴいカンジ。
キスシーン未遂もかわいいですが、未遂後照れてる二人ももっとかわいい。ううむ中学生だー!(おかしな感動の仕方をする)
ときに「一応居場所はハガキで知らせてある」なのね、吹雪。どうなっていたのか微妙に気になっていた設定を教えてもらってしまいました。同じような状況で共感する二人、しかし六花はあんなドレスっぽいの着て使用人を従えて、時代がかったお嬢様な気もしなくない。そして六花パパは安西先生なのにやり手なんだなあ(いや、安西先生がやり手でないと言っているわけではなく)
ラストの小雪の「不潔よー!!」はもはやお約束と化したなあ。オチの定番とゆーか。

*あいこら
さて、その理想の足に踏まれて喜ぶフェチ漫画ですが(※褒めてます)、最初単純なハーレム物の皮をかぶっているけどどーなるのよ、と思ったけど、順調にフェチ漫画としての行程を突き進んでいる?のかなあ。つーか、なにがいいのか、最近やっと分かってきました(ぺこりとアタマを下げる)
なんつうか、どうしてこういうよくわからないパーツにはまるフェチばかりバリエーション豊かに登場するのですか井上先生の漫画は。まるで汲めども尽きぬ泉のような(大袈裟)
そして、一見まっとうそうなこと言ってる主人公(先週とか先々週とか)が、実は究極のパーツフェチであり、青いツリ目や理想の巨乳に好意を持つからこそ女の子の心を打つ台詞をかませるとゆーこの漫画の基本設定は、ぶっちゃけ詐欺のような気がします。だって胸にコンプレックスがある女の子に「君はじゅうぶん魅力的だよ、そのままでいいんだよ(胸が)」なわけでしょ?詐欺まがいの一見さわやか主人公だ…
でもなんかパーツフェチが当たり前のような顔をして闊歩するこの漫画にあっては、意外とハチベエは全てを丸く収めてさわやかハッピーエンドに持ち込んでしまう気もしなくはありません。

結界師
正守に憧れつつも己をコントロールできなかった限が、良守と出会って等身大の形で向き合うことで自分の力を使いこなせるという展開はイイなあ。こういう良守の持ち味はなかなか単純に言語化できるものではないと思いますが、主人公としてとても健全な。

ハヤテのごとく!
「恋愛に必要なのはつれない態度!」って自分の漫画に教えられました。でもその漫画はどんなジャンルなんですかー?!そんなこんなでこの漫画も1周年。「まさかこんなに売れるとは思わなかった」ってゆーのは私も思ってるクチです(笑)いや、スキですけどね。

|

« サンデー44号感想 | Main | 映画の「タッチ」 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

「サンデー漫画」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、最近こわしや我聞にはまった者です。

日本において、繊維は近代工業の原点と言ってもいい産業です。工業を生業とする老舗企業の多くは、繊維が初期の主要な業務でした。わかりやすいところではトヨタだって織機から始まった企業で繊維工業の老舗です。繊維は機械と化学の複合産業なので(昔は機械が主でした)、若様がメカニックの天才というのはそれほど不自然ではありません。作者がそのあたりをわかっていて設定したのかはわかりませんが。
もっとも、真芝が技術者上がりにどうにか出来る企業には思えないです。

連載終了までにもう一度、國生さんのコスプレが見たいなぁ。

Posted by: たけ | October 07, 2005 at 01:03 AM

たけ様
こんにちわ、はじめまして。なるほど!繊維工業とメカニックの天才はそのようにつながるわけですね。確かにトヨタももとは繊維から始まったのですよね。漫画的にはもっと分かりやすくメカニックなことを示せそうな職業はあるような気がしますので、あえて「老舗の繊維工業」とゆーのを持ってきた藤木先生は、結構深いところまで考えて設定しているのかも、と思います。
ともあれ、教えていただいてありがとうございます~わざわざこんな辺境の地で。
というか真芝をどうこうというのはそれこそ若様ならでは、とゆー気がします(笑)

終了前に國生さんのコスプレが見たいよーとあまりおおっぴらに言ってる人はなかなかいないような気がするので、同意いただけて嬉しいです。

Posted by: みなみ | October 07, 2005 at 08:15 AM

こんばんは、たけです。

こわしや我聞の単行本を読み返して気がついたのですが、第67話から出てきたエアジェットって“エアジェット織機”から来ているのかもしれません。前は気がつかなかったけど、藤木先生は、この頃から繊維関係を考えていたのかも。逆もあるかな?(しかし、設定マニアって本当にクズだよなぁ... もう止めます。)

國生さんのコスプレは、馬車道も希望です。私は、パンツスーツが一番好きなんだけどね。

Posted by: たけ | October 08, 2005 at 12:07 AM

コメント遅れて申し訳ありません。
コメント入れたつもり、に始まりエラーがでたりメンテだったりすっかり遅くなりました(汗)

私も國生さんはパンツスーツが一番好きですよ。
でもあれも一種コスっぽい気がしなくもありません。
普通、女性がパンツスーツにネクタイってないと思う(笑)
本誌はいよいよクライマックスになってきましたねー。
このあと、今週のサンデーを買いに行きます。

Posted by: みなみ | October 19, 2005 at 09:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/6268933

Listed below are links to weblogs that reference サンデー45号感想:

» ナオミよ〜を、ちょっとだけ思い出す(反省) [明日モ生キル為ニ]
今週のサンデーの「絶対可憐チルドレン」 新キャラ、レベル6のナオミちゃんだけど、 なんで運用主任の名前で気が付かなかったのか、自分を問い詰めたくなった(正しくは、主任の名前をよく見てなかった) 気づいたのは、317ページ3コマ目。「〜私のナオミのために、〜」 ...... [Read More]

Tracked on October 07, 2005 at 01:35 AM

» サンデー45号 感想 [☆yasiのひとりごと]
木曜日の午後に、いつものコンビニへサンデーを読みに行きました。・・・が、ない!サンデーが一冊もないではありませんか。ジャンプは5冊ほど、マガジンも10冊位置いてあるのに何故サンデーだけないの?もしや、コンビニの店員さんが立ち読み常習犯の私が来る前にどこかにし...... [Read More]

Tracked on October 07, 2005 at 04:15 PM

« サンデー44号感想 | Main | 映画の「タッチ」 »