« サンデー感想39号ぶん | Main | サンデー感想41号 »

サンデー40号感想

今日になってやっとサンデーを買いに行きました(引きこもり気味)
一番近いコンビニということでセブンイレブンに行ったらもう売っていなかった…ジャンプとマガジンは売ってるのになあ。世知辛い売上なんだろうなあ、サンデー(沈黙)

というわけで。
*クロスゲーム
四姉妹といいつつ既に三姉妹になっていることよりも、目次ページで「高校生になった」とウソ書いてるあたりが気になりました。まだ中学生です!つーことは、この季節はさくさく飛ばすということですか?(うがった見方)
しかしこれは、光×青葉は確定だとしても、光は紅葉にも好かれるのでしょうか。そうしたら姉妹のうち3人に好かれるわけで、それはそれですごいマンガだと思いました。

*ハヤテのごとく!
ヒナギクは結構好きなキャラなんですが、どんどん魅惑の設定がついていくなあ。オバケがキライってわけですか。ところでハヤテの携帯を通じてオバケの話し声が声が聞こえるってのもスゴい話のような。電波に乗るのか、オバケの声?しかし、分かっていないハヤテ。

*焼きたて!ジャぱん
偽妊婦はどこでどうバラしたらいいのかよくわからないからそろそろウソはやめておいた方が…(このままだと腹から出したと称してなんだかパンでも刀でも出てきそうですよ!)さて、次の対戦相手はまたなんだか強力そうな。でもどうせ負けるんだろうなあ。分かりやすい予定調和だ。
ところで貯金箱ネタがまだ続いてるのもアレですが、だいぶ金が貯まってきたと言いつつ2円だの5円だの小銭ばっかり入れてる東&冠は容赦ないなあ。(割れた貯金箱の絵を見ても、1円玉がよけい目立つってゆーのは、おつりを貯金するような感覚なのか?

*絶対可憐チルドレン
椎名高志先生のオフィシャルサイトを拝見すると、コミックス巻頭で毎回定型のナレーションを入れるつもりが没だったとのこと。
そのナレーションはどっちかというと「あとで見るとはげしく痛そう」なので、ぶっちゃけない方がいいと思うのですが(私見)毎回定型のナレーションってテレビっぽいなあ。アニメでいうとアレですね、ハガレンでアルのナレーションが必ず入るヤツ(※いかに今アニメを見ていないかバレるというか)
つーか毎回コミックスで?それはクドいだろう(爆)

さて、本編。チルドレン紹介シリーズは前回でお終いということで、今回からは新展開。ストーリーのオチ自体は今回の皆本の「僕らが開発に関わる理由はもう一つあって」を受けるのでしょうが、どっちかというとバベルのセキュリティの甘さが気になるよう。いや、言ってもしょうがないのだが。「普通の人々」はどこにでもいる、この発言はバベルか軍かどっちかに内通者がいるってことなんでしょうね。どーなるんだか。
紫穂のポジションは早くも確定してるなあ。面白い。

…ところで「決まっている運命にいかに抗うか」つーテーマですが、実はあまり期待してません(爆)ジパングは終了が決まっていたからしょうがない、ある意味仕切り直しなんだろうけど、ジパングの時は結構肩透かしくらったもので。(いや、肩透かしだと思ったあと「終了が決まっていた」とか言われちゃったのでしょうがないなあと思ったんですが)きっと期待しない方が、よかった時に楽しめるし!(何そのマイナス志向)

*MAJOR
公私の公の面においてはゴローちゃんはたいがいハタ迷惑だけど、彼女の清水は私面でなんか…分からんでもないが、こういう人なの?つーか交通費だけでいっぱいいっぱいって証言がホンモノだとすると、その金ですら親持ちなわけじゃん。急にアメリカに行きたいからお金を借りるのは分かるが、親に金借りておいて扶養の身の女子大生が「カレシに泊めてもらうつもり」って、ぶっちゃけ身の処し方としては賛成いたしかねます。いや、ゴローちゃんの誠意を見せたいエピソードなのでしょうから、いいのですけど。

*あいこら
…よかったじゃないですか、眼鏡っ子のそばに公然といられるなんて…つか強引なフェチマンガだ(笑)なんですかこのマンガはフェチばっかり投入されるんですか?それにしても、なにもマジックで書かなくても!ホントにヒドい話だよ!って、このマンガを読んでいてハチベエに共感したのは初めてかもしんないっす。

*ブリザードアクセル
四回転VS三回転がデフォとか、回転数がおかしいところ以外はつっこむところがない…!陣もフツーにライバルになってしまった。なんかそろそろあの白帝試験の如きカッ飛んだ展開が見たいなあ。や、面白いと思うんですけど、なんかこう、物足りないというか。というか陣がフツーにライバルになったことで紙面に出てこないゴタンダールが可哀想な目に遭っているというか、ああ、加速度的に忘れられていきそう!というか。
うーん、そろそろ練習×練習の展開でもないだろうから、試合の準備に入るのでしょうか。ちょっと次回以降に期待。

*こわしや我聞
とうとう國生さんの覚醒来ましたーーー!!
(まだ覚醒してないが)真っ赤になる國生さんラブ!新たなベクトル!
しかも真っ赤になる前の「細かいところは私がフォローしていけばいいのかな。と」のぶちぬき笑顔。もうすっかり社長のいいところを把握してフォローする気満点ですよ。ううむ、素晴らしい人材です、國生さん。どっちもまったく意識しないカップル候補我聞&國生の明日はどっちだ?!
…は次回以降さらに展開するのでしょうが、さりげなくこの展開で桃子にも好かれている國生さん、相変わらずスゴいっす。一番モテモテです。
こうなると、有効に使われているとはとても思えない番司が哀れというかなんというか…

|

« サンデー感想39号ぶん | Main | サンデー感想41号 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

「サンデー漫画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/5750568

Listed below are links to weblogs that reference サンデー40号感想:

« サンデー感想39号ぶん | Main | サンデー感想41号 »