« anego 感想 | Main | ブリザードアクセル 2週分感想 »

汚れた舌・感想

ドラマ感想ばっかり(汗)サンデー、面白かったんですが、明日にでも。

「汚れた舌」がんばって(?)毎週見ていますが、杏梨は育ちがいいのか?とてもそうは思えないのですが。あれは「お育ちがいい人の無邪気さが時に人を傷つける」とかそういう話ではないような気がします。今週あたりでいっきに言動に品がなくなったしね。自分と千夏を比べて、なんとか千夏の悪いところを指摘したくてしょうがないらしい。みすぼらしいお葬式、とかヒドいこと言う言う。
なんとか相手を貶めたいのですが、その言動の一つ一つが自分の品格を貶めています。ダメだこりゃ。ヤリたいだけの女、とか、お嬢様が言っちゃいかんですよ!つか、お嬢様ってキレても言葉遣いがああまで汚くならんものなんじゃ?と、思う。
実家が金持ってるとかそういう問題じゃなくて、杏梨が単純に舌禍の人…なんだろうが、そもそも杏梨はあまりお嬢様には見えません。アコちゃんのパーティーの飾りつけもなんか安っぽいよ。花屋なんだから花関係で飾ればいいのに(でかい花瓶はあとでもいいがいくられもあるっしょ)なまじ前日見てしまったanegoの妻キャラともさかがハイソを極めているので、杏梨もカクテルドレス着て千夏の花屋に殴り込めばよかろう、とか違うことを考えてしまいました。ますますネタっぽいか。

牧瀬が大根なせいなのか(汗)あまりにイカれてる話のせいなのか、「あー、この妻を裏切るなんてかわいそう」感が、じつはありません。もちろん内館牧子としては、どっちもこっちもイタい人ばかりを出している、んでしょーけど。でもなあ、杏梨はイカれすぎ、耕平は無責任にもほどがある、どうも千夏は影が薄いってんで、あの三人は好きにしなさい、と思ってしまうのです。

白川は先週「結婚はしません」とずばり言い切り、おいおいそりゃいくらなんでもないだろうと思ったのですが、今週の白川は深い愛情。
えっと先週も別に浅いわけではなかったのですが、相手が追い詰められてるんだから、ちょっと甘やかすようなこと言ってもいいじゃん、今の段階で拒絶するのはよろしくないよ、と思ったわけです。あそこまではっきり断らなくても…(苦笑)みたいな。
結果、千夏は最後の砦を失ったようなもので。

いや、今の千夏に「分かった、結婚してあげよう」は違うと思うんですけどね。そういうのはあとで本人のためにならないからね、というのは分かる。でもなあ、あんたに拒絶されたから千夏死にに行っちゃいましたよー!「それはできません」って、あなた。

でも今週の白川は「親子三人私が殺すところだった」と言っているので、そのへんは分かっているのですよね。分かっていて、真に千夏のことを考えてあげている。でもなんかお父さんのような愛情だな。「こういうことは本人のためにはならない」ってゆーのが、なんとなくお父さんぽい。

対して耕平は…先週は「熱いな」と思いましたが、先々週、ヤケになってる千夏を叱り飛ばした言動などは「いいこと言うなあ(自分は不倫だけど)」と思いましたが、今週は、
…あーこの人何度でも同じことするな。
と、思いました。いまに千夏も杏梨みたいになるよ。という印象です。
どっちもどっちだよという痛さはさすが内館脚本です。
でもドラマだからねえ、「不倫してる男は所詮痛いですよ」じゃなくて、なんつうか、騙されるに値するような何かが欲しい。単純にビジュアルに騙されるとかでもいいんですが(爆)分かりやすく言うと、こんなかっこいい男なんだから悪い男でもしょうがないや(※だってフィクションだし)みたいな世界です。
極楽加藤はそのへんにいそうなところがリアリティを保っていると思うんですが、そのへんにいそうな人が不倫して相手に入れ込んでイタい行動を取っていてもあまり面白くなく(汗)結局このドラマ、耕平と千夏が一番悪いんじゃん!

千夏と杏梨は、「単純に結婚して相手に寄りかかってちゃダメですよ~」というメッセージを、二人の両極端なキャラクターによって発信しているのだと思いますが、極端すぎてどっちにも感情移入できません。つか、どいつもこいつもおかしいよなあ。

このドラマはどうも、細部の展開(しかし全体の流れを決める展開)がご都合主義的で、萎える部分があります。
ネットの中傷っていうのもね、わざわざネットで評判見て花買うのだろうか。四天王展の酷評っていうのもよく分からないのです。デパートでやる展示会で、そんな目につきやすいところで酷評されるものなんでしょうか。千夏さんの服についた血がイチゴに見えてってどんな視力だよ、とか、突っ込んだらキリがないのですが。耕平が自宅の階段で不倫電話をかけるあたりどんなアホだと。

来週は予告によると杏梨がコンセント抜いて千夏の店の花を駄目にする模様。今週、杏梨がぼきぼき首を折ってもいだ花がどっから見ても造花だったのは仕方ないのでしょうが、薔薇はホンモノのほうがリアルだったのにね。薔薇をもいで手が無傷な時点で、非常にうそ臭い。え、見るとこ細かいですか?

というわけで季節モノのいちごが終わったら今度は花でイカれてる杏梨を表現してみましたってあたりが非常にネタっぽいと思うわけです。杏梨の悲しみを表現する道具として果物や花を使うのではなく、ショッキングなネタとしてイチゴや花びらを使ってるんだなー、というカンジ。
花びらしきつめて「セクシー?」って、千夏さんが女から見てもセクシーだと思ったから、なんだろうが…
それってネタだよなあ。

|

« anego 感想 | Main | ブリザードアクセル 2週分感想 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/4514823

Listed below are links to weblogs that reference 汚れた舌・感想:

« anego 感想 | Main | ブリザードアクセル 2週分感想 »