« 武装錬金 最終回感想 | Main | ローレライ×ジパング »

サンデー感想(22・23号)

サンデー感想
ブリザードアクセル>
正真正銘かませ犬めいたゴタンダール将軍にバカ受け。先週は「え、このまんが普通に面白いじゃん!」と感動していたのですが、今週は演出の面白さに感動しました。勿論普通に面白いんですけどね。でも、別の意味でサイコ―。
主人公の演技で、従来のイメージをぶち破り、主人公の背景に作品世界そのものを見せてしまうと言うといかにも北島マヤっぽいです。マヤの世界に魅入られたものは、マヤの背景が体育館だろうがそこに海賊のいる海を見出してしまう(体育倉庫だっけ)
んだけど、ブリザードアクセルはここから工夫してさらに一歩捻っている。だって、そのへんにいて吹雪の演技を見ている人が、吹雪の”ラデツキー将軍”世界に一緒に参加してしまうんですもの!一緒になって作品を作ってるんですよ!すごすぎる。
しかも、あえなくボコられる敵が、さっき滑ったライバルってあたり。
さっき滑ったライバルの名前を勝手に敵にしてしまうあたり。

吹雪に完敗した五反田がへなへなと座り込んじゃってるあとに、吹雪のラデツキ―ワールドで将軍ゴタンダールがボコられてるってこの展開は「イメージが」とか言ってるマッケンジーさんの妄想(爆)なわけですが。なんだよフルキャストかよ?!なんで全員集合?

…とりあえず面白いので笑えます。

どうしよう?!なんていったらいいんだ?!だってボコられたゴタンダールのアップから入って最終ページ1ページぶち抜きで使って吹雪ラデツキ―将軍勝利の構図ですよ?
マッケンジーさんのアタマの中では五反田はここまでカンペキにボコられたのか…
タンコブ三つ作ってアップのゴタンダール将軍の下にはアオリ文字。残酷よのう。

ちょっと今回斬新だった!この漫画面白いよ!いろんな意味で!
…ただ毎回やるのもどうかと思うので、今後も含めて期待です(気が早いでしょうか)
こんなん吹雪が滑っちゃった後でどうするんだ花音。花音ワールドはどんな華麗なラデツキー将軍?

※前回は「この漫画面白いよ普通に!(ネタとかでなしに)」と誉めようと思ってたんですがそんなこと思ってるの自分だけだったらどうしようと怯えて今週言ってみました。

この漫画面白いです。普通にも面白いけど、いろんな意味で面白い。
ありがとうサンデー、鈴木先生を呼んでくれて!

クロスゲーム>
さて私はタッチ以来のあだち読者なんですが(でもKATSUは途中ずいぶん飛んだらわからなくなった)、そんなあだち先生の新連載。幼馴染はクラス一のかわいい子です。学年トップクラスのかわいさです。うーん、いつも同じだ(笑)何度も同じように安定した世界を繰り出せるのはサンデーならではかな。
絵がシンプルになりすぎて私などは「昔のほうがよかった」と思うのですが、お話としては…えっと1回目を読んだ感想では、早く中学生くらいにならんかな。(おい)

若葉ちゃんはひかりリターンズですかね。
今度はひかりとくっつく話ですか?(いや、ひかりの前は南…)

見上げてごらん>
いきなりドロドロな嫉妬ワールドが展開されてしまいました。つか、陰湿なイジメ空間…なんか実際こーゆーの多いんじゃないのか?テニス云々じゃなくて、闇討ちされそうですよ。このシステムはイジメを助長するんじゃないか?怖いよー。怖すぎるよー。

クロザクロ>
萩、強いなあ。こんな出方しといて軽く負けてもしょーがないけど、今のところ申し分ないくらい強い。
そして数週間忘れられていた主人公登場。地味に着実ですが面白いですよこの漫画!異形っぽさが絵と雰囲気から醸し出されてるのがいいなあ。白爪の皆さんが出張ってから、まともな人が主人公しかいないんじゃないかという状況になっていますが、そうか幹人はこの普通っぽさが持ち味なのか。他はみんな異形だとか雰囲気が不気味だとかものすごい武器を持っているとかですから。
最近のお気に入り漫画です。
やっぱ戦ってナンボの漫画がすきなのか自分…とか思い直しもしますが。

結界師>
さわやかな正守兄さん。さわやかだ…
判っていたことだけどお姉さん死んでなくてよかった。過去の厚みが実際に出てくると限はやっぱ可哀想だなあ。可哀想なのは、ヒトと違う能力を持ってしまったという根源の問題よりも、今の彼がいまだそれを乗り越えられずにいる現状です。新しい仲間が出来てよかった、頼りにできる人がいてよかった、じゃあ頑張ろう…でも結果が出せなかった。それがほんとにかわいそうだ。
今のままじゃお姉さんに顔向けも一生できないって感じだろうし。
禁を破ろうとした時のことを「頭領には言わないで欲しい」と口止めを頼んだ限ですが、正守兄さんはがっかりしても見捨てたりはしないと思うが…でも、限から見ればそういうふうに楽観的には取れないよなあ。
さて、限はどうなるのでしょうか。
彼には彼を認めてくれるパートナー的存在(平たく言うとお友達とか)が必要で、そうであってこそ限は救われると思うので、がんばれ良守。

ジャぱん>
勝つって判ってるし安心だなあ(笑)負けるのも判ってたけど。
水乃さん登場。ワザと負けてくれるのかと言い募る河内もどうかと思うが。それは八百長と言うものですよ?!今回の蒸しパン対決で、「これがのり平さんに貰ったアイディア!」とか言い出してさらに桃屋さんを持ち上げたりしたらどうしようとちょっと不安ですが(桃屋に罪はないけど)、とりあえず栗の入った蒸しパンというのは美味しそうだ。
で、蒸しパンが得意な人が出てくるからにはやっぱり題材漏れ?って展開に…なるんだろうけど。
明らかに題材に似合う特技を持った非パン職人を連れてきたのはジャム&海苔ニ発ですから、サンピエールとしては負けが込んできたところでヤバいと思って裏情報をゲットしたのだろーか。

MAJOR>
わあゴローちゃん無礼者!(笑)コジローさんも怒るわ…
清水と野球に対する扱いを見てもなんかなあと思ったのですが。野球に夢中で清水のことが抜ける、清水に夢中になれば野球が抜けるのに、清水の一件が片付いたらまた野球野球って、この人の頭はひとつしか考えられないのでしょうか(汗)そりゃどっちにも失礼だよなあ。
話の都合上挑発してるのか素で無礼なのかどっちなんだろうか。

あおい坂高校野球部>
シンカ―を囮で使うあお高側バッテリーの狙いは敵に読まれた模様。このままではうまくいきませんよー、なところでキタローはなんかヤバイと思ったらしい。今まで、ピンチらしいピンチはなかったから、次の試合は楽しみですね。コールド展開じゃ感じないであろう、土壇場でのプレッシャーに泣かされそうになることもあるかも?

ハヤテのごとく!>
伊澄に売られたハヤテ。買ってくれた伊澄さんの好意よりも売られた寂しさに涙するハヤテはやっぱり不幸体質だ。その言霊が不幸を呼んでいるような気がします。
ところで増刊も読んできました。あーオレンジロードだ…懐かしい。帽子とゆうアイテムまで同じですがな。
さて、ナギお嬢様と伊澄を比べたらそりゃー伊澄の方が大人しいし、ヘンな漫画も描かないし(それを言っちゃあ)、おしとやかで女の子らしいです。伊澄はやはり(仮想)対抗馬なだけはあります。ナギお嬢様は分かり易いかたちで伊澄に勝る美点っていまんとこないしなあ。しかしナギに美点がないわけではなくて「ああ見えてかわいいんですよ」という、非常に形にして現しにくい美点なのですよね。

と、ナギお嬢様が泣いてしまったところで彼女はハヤテの愛を取り戻すべく…つうかハヤテがお嬢様を助けるらしいというか、やっと出てきたか遺産相続絡み。忘れた頃に(笑)。

しかし、ガンダムが足りないって言われると…それはいけないことなのか?(多分いけないことはないと思う)高松&川崎つながりでXを全話見ただけの人。そういえばガンダムが足りないとローレライ@福井作品の元ネタも理解できないらしいのですが。

こわしや我聞>
かなえさんは悪者ではないと思いますが…なんか論点が知らないうちにずれた気がする。辻原さんの誘導なのか?
最近のわざとらしくかなえさんにキツいことを言わせるらしい展開は、素直にハマったので「なんだよそんな言い方ないじゃん!」とマジで受け取っておりました。
かなえさんが軟化するためには最初理不尽にもキツくなければならんと言うのは判るんですけど、だってほんとに理不尽だったんだもん(爆)そりゃコーヒーで水の刃ってゆーのも今回下げるから意義があるんですよね。
そうですよね、あれもこれもかなえさんが軟化する前フリなんだよね…今週のかなえさんはかわいかったなあ。
役立たずとか言って(いやそこまでは言ったか?)すいません…

というか、かなえさんは、よっぽど辻原さんが信用ならなかったんだろうな、と思いました(笑)今週だってまたなんか企んでるもんなあ。
さて辻原VS凪原。あれじゃあその後辻原さんが工具楽家にいるのバレバレやん。眼鏡ひとつでわからなくなるほど辻原さんは昔とは雰囲気が変わってしまったのでしょうか?
バトルエピソードより先週のナイフの話の方が好きだったなあ。

|

« 武装錬金 最終回感想 | Main | ローレライ×ジパング »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

「サンデー漫画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/3887691

Listed below are links to weblogs that reference サンデー感想(22・23号):

« 武装錬金 最終回感想 | Main | ローレライ×ジパング »