« 「辻原の告白」感想文 | Main | アンケのこと »

サンデー感想文21号

クロスゲーム>
予告ページにあだち充登場。そうか、速攻連載すんのか…じゃあ「KATSU!」の間延びしたよーな展開(失礼)の間に新しいネタを考えていたのだろうか、とか失礼なことを考えました。あだち漫画は昔からスローだけど、昔はもっとさくさく話が進んだと思うのですよ。と、最近コンビニにおいてあるあだち漫画を見て思い返しました。
というわけで「野球漫画で四姉妹もの」らしい。一葉、若葉、青葉、紅葉と名前もそろえてきました。個人的には同じサンデーの「じゃじゃ馬~」が印象深いのですが(ゆうきまさみファン)とりあえず若葉と青葉が恋愛対象と思われる。
百合―雪美(ナイン)、かすみ―圭子(陽あたり良好!)、鹿島―若松(みゆき)、ひかり―春華(H2)と連なるあだち漫画2ヒロイン体制ですが、なんだかんだ言って主人公とくっつくのはショートヘアなんじゃ?(百合はロングだけどそれ以外)いやその、最近アニマックスで「みゆき」が始まったものでなんとなく並べたくなりました。
ドラマで山田孝之バージョン比呂を見て、あだち漫画の高校生ってのはちょっと高校生には見えないほど悟りきってるなあ、と再確認しました。超初期練習試合の比呂の「タイムアウトのない試合の面白さを教えてあげますよ」とそーゆー台詞(台詞はうろ覚えです、すいません)あれ高校生の台詞じゃないような…あと、柳校長に対して言うあたりとかも。そんな悟りきった高校生いないよ!
(ドラマでは「教えてやるよ」に変換されてたけど)

というのもあって、もう「サンデーで高校生ってのはどうなの?よその雑誌のほうがいいのでは」と思ったんですが、いっそ年齢を下げるというのも手なのかも。
って始まる前から何語ってんだか。
絶対可憐チルドレンは遅れてるんですかねえ。(そのようですが)
いつ始まるんだろうか。

ブリザードアクセル>
五反田のスケーティングは先週よりも今週の方が笑っちゃいましたです…ってゆーかあれは笑うところだよね?笑っていいんだよね?!
そして吹雪が滑る。今週、意外と普通の展開な気がする(え?違う?)もちろん回転数は早くもインフレですが、そういう問題を除くと、わりとスタンダードに「素人丸出しながら主人公の凄さを見せる展開」ではないかと思います。従来のイメージとは違うモノを作り上げてしまうというと北島マヤを思い出すのですが、視覚的にも分かり易く面白かったと思う。
いえ、視覚的にもっと面白かったのは五反田のフィニッシュなんですけど!

ジャぱん>
言われてみればそのとおりなんだけど三木のり平のインパクトに押されて気づきませんでした>開催地問題
だってジャム勝負でのり平さんが出てきたら話にならんじゃないですか。
というわけでパネルは予想通りパンタジア残りの一マスをつぶすべくHマス。じゃあこの後の展開はパンタジアが二勝して4対3に持っていくわけですね?うーん展開が読めすぎ(笑)
でも模糊山ってのはいいかも。だってねー、募集した職人で勝ったって堤さんはオーストリアに帰ってしまうでしょうし、のり平さんは桃屋の人だし、サンピエールが勝ったって感じは全くしないと思うんだよなあ。サンピエール勢ばっかりでも面白みがないのだが、サンピエール勢が負けてゲスト職人(しかもパン職人ですらない)が勝ってもどうなのかと。
いずれにせよパンダは負けるでしょうが。

コナン>
ああ、お父さんか…そうだよなあ。思い出せばそのとおりでした(素で忘れてました…)

見上げてごらん>
主人公を見ているよりも、地を這ってる脇キャラの方がドラマがあるなあ。これ初回のオープニングでグランドスラムとか言われなかったらそのまま地を這ってる脇キャラの話の方が読みたいかも(そんな地味でいいのだろうかとは思いつつ)
主人公グランドスラムより、明らかに「葉っぱ五つの天才」に強烈にコンプレックス持ってるヒトとかもうちょっとで退部ギリギリ瀬戸際の二年生とか、実力が発揮できない吐いちゃうヒトのほうが個性が見えます。あきらかにドラマが濃いです。

すいません私じつはファンタジスタ未読なので、草場先生の漫画がどーゆー傾向か知識なく読んでおります。こういう漫画傾向なのでしょうか(ってここで聞くならファンタジスタを漫画喫茶に読みにいった方が早いんじゃ)

ハヤテのごとく!>
そこまで狙いすましていいんかいな。風呂を覗かれて顔を赤くした次は、着替えを覗かれて照れてますか?最近いくらなんでもやりすぎなんじゃないでしょうか、ハヤテのヒロイン化現象(もっと端的に言うと受けキャラじゃないんだから!と思うけどこの物言いはイヤがられそうだ)

子供に好かれて嬉しくってしょうがないハヤテ君。判っていなさそうな発言を連発するくせに絶対判ってんだろ!ってなあたりが小悪魔的といいますか。
さて、ハヤテは貰われてしまうのか?そして三千院家に残るマリアを待つものは?ヒロインポジションを伊澄がかっさらいつつある昨今、ナギの立場はどーなる?
とりあえずこのままではハヤテ君は素で野郎に押し倒される日が遠からず訪れそうですよ?!
え、さすがにそれはないですか?だってありそうじゃん。
猫耳女装で泣いちゃうの!くらいはマニア的で可愛いかもしんないが、昨今のハヤテ君の扱いはちょっとやりすぎなんじゃないかと思います。でも、やりすぎ感は往々にして過剰になるものなので、今後もっとインフレしそうだ。

|

« 「辻原の告白」感想文 | Main | アンケのこと »

「サンデー漫画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/3801640

Listed below are links to weblogs that reference サンデー感想文21号:

« 「辻原の告白」感想文 | Main | アンケのこと »