« サンデー15号感想 | Main | サンデー感想(我聞ぶん) »

早売り感想ジャンプ15号(BLEACH&いちご)

我聞の前に、いきなりジャンプ。早売りを買ってしまいました。ので、「続きを読む」でどぞ。
BLEACHといちごだけですが。あとはまた。

BLEACHですが、なんで雛森を騙すんだ?日番谷に当てて日番谷の戦力を削ぐのが狙い?と先週思っていたんですが、どうやらそうではないらしい。だって藍染さん(ホンモノかどうか知らないが、これでニセモノでも困る)、日番谷にラクショーなんですもの。別に雛森をコマにして動揺させたり混乱させたりする必要があるのかどうか。まさに一閃って感じで、日番谷を瞬殺する藍染さん。日番谷は死なないと思うけど。雛森はどうなんでしょうね。

いや、私も先週号の感想では「刺してくれればとりあえず雛森おとなしくなるからイイや」などと、藍染さんグッジョブくらいの勢いで雛森を嫌っておりましたがね。
(だって本質的になんの役にも立たないっていうか、むしろ人に迷惑しかかけてないのに、むしろ設定だけはやたら立派なんですもの。それを贔屓とか後付けとかご都合主義といわずになんというのか)
でもそれは「だってどうせ死なないでしょ」という安心感から来る暴言なので、このまま死んじゃったら…それはそれで漫画としてすごいと思いますが、えー、どうなの?二人ともどうなるの?藍染を検死した卯ノ花は騙されたの?グル?さっぱりわかんない。

話を戻しまして。
なんで藍染さんは雛森をあんなふうにイジったのか?
日番谷をどうこうという話ではない。だってそんなことしなくても勝てるんですもの。
じゃあ何?つーことは、雛森をイジること自体が目的なのではないでしょうか。
久保先生じしんが、雛森が「うそ」とつぶやきながら最愛の藍染に刺されるところを描きたかった…のかどうかは分かりませんが(そうなんじゃないかと思うけど)、藍染隊長は、雛森をイジるために彼女をイジったのだと思いました。市丸もルキアをイジってたし、この人たち、女の子を苛めるのが好きなのかも。そんな趣味のいい…

しかし雛森は、生きてたらどーすんだ。どーすんだってのは、生きてなくていいよって意味じゃなくて(そんなことはいくらなんでも思いません)、目が覚めて、自分を刺したのが隊長だって知ったらどーすんだって話ですね。
いま松本さんと戦ってる吉良にしてみれば、雛森を助けたかったんだろうなあ。あそこで日番谷を行かせたってことは。吉良は市丸から真実を聞いていると思うし。

いちご100%
アニメってことはこれ、まだまだ続くってこと…?
この段階でくっついちゃった西野サイドにしてみると、漫画の展開上おそらく、ひと波乱間違いないですよね。ふつうこういう展開は「でも東城」という流れになりがち。でもなー、今の西野、超幸せそうだから、この幸せが崩れるさまはちょっと可哀想過ぎてみてらんない…

一方の東城は、相変わらず蚊帳の外。東城があのカップルイベントに弟と行くことになったのは、弟からの要請なのかなあ。なんらかの事情でカップルイベントを知った弟が「姉ちゃん誰もいないなら俺が付き合ってやるぜ」みたいなノリで姉に話を持ちかけ、姉も「真中くんに誘われないなら」という感じで受けちゃったのかなあ。なんかそれも…東城にカレシ疑惑?ってのは漫画の展開上の都合なのでありそうな路線で、実は弟でしたというのもベタな路線なんですけど、東城自身としては、うーん。

西野は、そりゃもうものすごい勇気を出して、真中に体当たりで告白したわけでしょー。それで一方の東城は、自分が傷つきたくないから最初から回避する?恋愛というのは、勇気を出したらそれで成功するわけではないけど、すごいがんばってる子が報われなくて、一方で、なんにもしないでいる子がただ愛されるのを待っているというのは、いまどきちょっと納得いかない。

※ふつう東城の言動を見たら真中が好きだってわかりそうなものだし、むしろわからない真中がおかしいので、東城がなんもしてない、というのは正確ではありません。でも東城は、自分の気持ちを伝えていないという認識だよね?だから擬似告白もしたわけで。「わかってくれてるだろうから、真中くんから選ばれたい」じゃなくて、「私は真中くんが好き」とはっきり言葉で伝えないのであれば、この漫画のなかでは、東城は自分の意思をアピールしたことにはなっていないと思います。だから、彼女は愛されるのを待っている状態であると、そういう意味です。※

今の東城には、「西野さんっていう彼女がいる真中くん」という縛りは(昔のようには)ない。擬似告白のときに、東城は、この関係が泡のように消えてしまうのが怖い、と言っていた。今のままでいい、傷つくのはイヤ。

その気持ちは分かる。誰だって傷つくのはイヤだから。でも西野は踏み込んだ。それは彼女の勇気です。ものすごい勇気だと思う。だから東城だって勇気を出して欲しい。今のように、「傷つくのがイヤだから」なんにもしないでただ現状維持を望むなら、彼女は西野に相対する資格はないと思う。さつきに対してだって実はそう。

だから東城は勇気を出して、真中に好きだとちゃんと言って欲しい。そうでなきゃ、かつて美鈴が言ったように、彼女は真中と同じ大学を選ぶべきじゃないと思う。

私は本当のところ、東城より西野が好きです。西野はすごい魅力的な女の子だと思う。でも漫画の流れとして、真中が最後に東城を選ぶのではないかと思っております。でもそれは、ズルいと思う。東城はすごくズルいと思う。そのズルさ弱さが彼女の人間的魅力でもあると思うけど、リアルにズルくて弱い分、東城は見ていて時々イライラする(ファンの方、スイマセン)。

でも一転して、(擬似告白でも)真中に気持ちを伝えた東城は素敵な女の子だった。エロパートでやたら胸とか尻とか強調するアホな場面なんかより、よっぽど魅力的だった(でも東城って無意味なエロパート多いんだよね…)。
その後の東城って退行するんだよね…ゆり戻しというものかなあ。リアルだ。

さて、その擬似告白をビデオで偶然見ちゃった西野。どうなる次号。かき乱されるだろうなー可哀想だなー。

|

« サンデー15号感想 | Main | サンデー感想(我聞ぶん) »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

こんにちわ!はじめまして。
いちごは私何気に好きなんですけど、まだ終わらないんですね。アニメ化ですかー、多分見ないと思うけど。本編は最近急展開ですね。私も西野のほうが好きです。東城は嫌いじゃないんですけど、なんていうか、やっぱり西野のほうに幸せになってもらいたいんですよね。二回も付き合って、二回とも別れるというのは、さすがにちょっと……。西野男性不振になってしまうんじゃないでしょうか?それは考えすぎだとしても、やっぱり頑張ってる女の子に報われて欲しいです。まあ、全ては真中次第なんですけどね。それでは長々と失礼しました

Posted by: さくら | March 18, 2005 at 02:38 PM

さくらさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

いちごアニメ化、もともとアニメのOPとED見るの好きなので、ちょっと見てしまうかもしれません。
さくらさんも西野よりですか?
私としては、西野には幸せになって欲しいなあ、と切に思っております。最初からの展開を考えると東城っぽい?と思うからこそ、余計思ってしまうという点もあるのですが。
でも西野って以前「だからあたしからはなにもできないよ、もう傷つくのはイヤだから」って言ってたんですよね。その西野が、真中の中に東城がいると察して真中と自分から別れたであろう西野が、もう一度真中にぶつかって自分から告白した。それで「これで嫉妬する権利はできたもんね」という。
この子には幸せになって欲しいよ!と、マジで思いました。東城は東城で、自分の気持ちを伝えられない、そういうのは非常に分かるんですが、でもなんか歯がゆいです(苦笑)分かるけどさあ、でも!みたいな。

恋愛というのはがんばってるから報われるものではないと分かっているのですが。東城にカレシがいる疑惑が誤解だと分かった段階での真中の動きは注目ですね。

それではこちらこそ長々と失礼しました。
また遊びに来てくださいませ。


Posted by: みなみ | March 19, 2005 at 01:10 AM

こんばんは!返信どうもありがとうございます。やっぱりそうですよね~。前回は実は控えめに書かせていただいたのですが、実は私も西野に切に幸せになって欲しい派です。みなみさんの言うとおり恋愛は頑張ればその分報われるものではないことは、正に身をもって知っているのですが(笑
それでもやっぱり最後に東城が少し勇気を出したくらいで、西野を追い越すのはちょっと嫌ですね。西野は手をつなぐ権利も、嫉妬をする権利もあんなに頑張って手に入れたのだから是非報われて欲しいです。もし物語の性質上、やっぱり東城と結ばれるのならば、西野が身を引くか、真中が西野を振るしかないと思うんですけど…。西野が身を引くのは一度やっているし、真中が振るにしても西野に告白する時に、中学の時とは違うと言って、言葉だけじゃ信じられない西野に本気のキスで示してしまっているので…、どっちの場合もかなり納得がいかなくなりそうなんですよね…。
まあ、このまま西野と上手くいってくれればいんですがね!かなり長々と失礼しました。

Posted by: さくら | March 23, 2005 at 06:18 PM

さくらさん>
さらに書き込み、ありがとうございます。
今週の感想も書こうと思ってたんですが、まだ書き終わってません…

そうなんですよー西野はがんばっているのです。
あと、強いように見せて、実は弱いところもある、というのが個人的にツボです。
真中を自分から振ったり、すごく意志を貫いているように(真中からは)見えるでしょうが、実はそうじゃない。それを真中はわかってないんですよねー。

いっぽう、真中と東城は、お互い相手の言葉を待っているよーなところがありますよね。多分、東城さんを応援する身からすると、真中は東城にきちんと告白しろ!と思うところだと推測するのですが、私は東城にはちゃんと、真中を好きだと言って欲しい。というようにずーっと思っております。それは上にもつらつら書いてるわけですが。

しかし、今週号の展開になってくると、東城が真中に告白するのはなんかものすごく大変そうになってしまいました(汗)
ちょっとやそっとの勇気ではすみませんね、これは。西野が彼女、ということですと、東城はもう、自分の気持ちを封印してしまいそうです。リアルだとそのまま終わることも十分ありますが(※リアルだったら真中ありえないとかそういう突っ込みは抜きにして)たぶん漫画なのでなんか波乱があるでしょう…

うーん、どうするんでしょうね。
西野は今度こそ自分から引くってことはない気もするし、真中が振るのもヒドい話だし(それはぶっちゃけ、人非人と呼んでしまいますよ!・笑)
西野が対決覚悟で「東城さんは真中くんが好きなんでしょ?」とか言うことは今までの西野の行動からはなさげですけど、もしあっても、東城は引きそうだ。これからどうなるんでしょうねえ…

漫画なのでこれから必ず東城パートがやってくるわけですが、西野お願い不幸にならないで~と応援しつつ、最近のいちごはずぶずぶハマれるので楽しみです。

これを言っちゃあおしまいなんですが、西野は最初から日暮さんにしておけば真中なんぞより全然いいのに…(ミもフタもない)

この漫画ってどうしても「流れとして東城でしょ」「西野はライバル役にしては云々」とか、ヒロインの最終的な立場を逆算して考えてしまうので、単純にヒロインの好みだけで語れない部分がありますよね。そういう意味で東城は割を食うキャラな気がしますが、それも可哀想な話で、本当はどの女の子もかわいいんですどね。

でも「○○派」と言って肩入れして漫画読むのも楽しいので、いちごは最後まで楽しみですね。女の子がみんなかわいいのがいいです。

Posted by: みなみ | March 25, 2005 at 01:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/3275726

Listed below are links to weblogs that reference 早売り感想ジャンプ15号(BLEACH&いちご):

« サンデー15号感想 | Main | サンデー感想(我聞ぶん) »