« 大河ドラマ「義経」感想(3回と4回あたり) | Main | マイトガイン、最終回1回前 »

ワークワーク感想

たいそうどうでもいい話なんですが、…こういうことを書くと「この人カーフに含みがあるよなあ、相変わらず」と思われそうなんですが(前科者だからなあ)

カーフ露出高いなあ。胸元だけじゃなくて太腿見せ付けてくれますよ。
というわけで今回はカーフのビジュアルの話です。

着物が似合うのはずん胴だ、と聞いたことがあります。
で、うちの母はちょこっと歌舞伎が好きで、その母から聞いたのですが、あんまり腰が高いのはいけないらしい。腰が高いと、かがみ込み気味にならなくてはいかんのだそうです。
でもって、首が長いのもイマイチだそうです。
大河ドラマの時宗の時に赤マフラー巻いてた人がいましたが、渡部篤郎は首が長いもので、赤マフラー巻いてないとちょっと着物に違和感があるそうです(お友達談)
(逆に詰襟系は、詰襟を着てなおかつ首が見えるくらいでないと首が詰まって見えるわけですが)

というわけで、着物が似合う体型というのは、首が長くなく、ずん胴で、腰も高くなく、足も長くなくてよろしい。ということのようなのです。
そう考えるとカーフは名前カタカナだけどジャパニーズ体型なのでしょうか?(あの世界の名前はみんなカタカナですがな)
なんとなく、そんな「足ながっ!」ってゆーふーにも見えないかな、と。みじかい~ってんでもないですが。
着物着て足あんまり長くて、着物つんつるてんだったらそりゃおかしいわけで(大河ドラマのとしまつ参照のこと)
首にナンか巻いてるのもフジリューキャラは首が長いから、赤マフラーのようになんか巻いてないと違和感があるってことですかい?

うあ、すげえどうでもいいことを…すいませんでした。
しかしカーフの着物お洒落だなあ。裏地に桜模様ですよ。しかも扉を見ると刺青すか?

さて、「カーフと着物」話だけで終わるのもなんですな。
というわけで本編ですが、ヨキ先生の駆るスプンタ・マンユとヨキ先生本人の肉体がどうなってるのかちょっと怖いす…しかしヨキ先生はますます美しくなっていきますな。あれホントに週刊で描いてるのか?って原稿ですけど。パソだとやりこんでしまうとも聞きましたが、大変そうです。
ヨキ先生がカーフに「乗り越えろ」って言ってるのはなんでしょうね。そのへん、カーフが願いを抱くに至ったなんらかの人物が登場するのかな?スプンタ・マンユ(であろうと思われるもの)は最初アルの姿で登場した、ということだと、相手に合わせて違う人間の形を取れるのでしょうか。

カーフは訳知りな様子なので、ヨキ先生の真の意図がもしあるのなら、そーゆーものも引きずり出してくれるでしょうか。次回楽しみですな。一方であっさりシオVSレオ戦は終わっちゃったわけですが。レオが持ってる神様の携帯…!(しつこい)
レオ⇒神様とかナシ?ちょっとそういうのも見たいです。

|

« 大河ドラマ「義経」感想(3回と4回あたり) | Main | マイトガイン、最終回1回前 »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2784427

Listed below are links to weblogs that reference ワークワーク感想:

« 大河ドラマ「義経」感想(3回と4回あたり) | Main | マイトガイン、最終回1回前 »