« サンデー感想13号(ちょっと短め) | Main | モンキーターン最終巻(30巻)加筆について(前) »

H2 第七話見てみました

http://www.tbs.co.jp/H2/inter_02.html
これとか雑誌とか見ると、石原さとみ嬢、かなり春華に肩入れというか、ひかりにおカンムリな模様。英雄がいるんだからひかりはもっと自分に厳しくしなきゃ駄目だ!とか。

うーん、かわいい。なんてかわいい発言だ!(感動)
でも個人的にはひかり派(くっついて欲しいと思っているわけではありません。むしろそうじゃないからいいというか)。原作の春華はかわいそうだけど、ドラマの春華はどうも好きになれません。天然ボケって実写にすると端的に痛いよ。今週の洗濯ばさみはかわいかったですが。しかし今回の春華はすごい感情の起伏でしたね。ロー⇒ハイ⇒ロー⇒さらに落ちる、みたいな。

ラストシーン、なんか原作のほうがはるかは可哀想だったなあ。原作はなんてかわいそうだったんだとあだちテクニックに改めて感動しました。せつなー。
表情を見せないところが、余計可哀想なんですよね。ああ、どんな思いでいるんだろう、って。そうは言いつつ、ドラマでそーゆーわけにはいかないんでしょうけど。

でもなんか近すぎるよーな気がします。はるか―ひかり・比呂の距離が。あれじゃあ、あとで見てたってバレバレにならんか?

試合展開じたいははしょってるからしょーがないんでしょうけど、素直に木根を出せや無能監督め、とかちょっと思いました。いや、木根にいきなり投げろっても無理だけど、なーーーーんもフォローせずにそのまんま負け。どこの無能ですかそりゃ。
(今回終わらなきゃいけないという制約だからしょうがないんだろうけど)
でも負けたときの山田=ひろの表情の呆然っぷりはいいなあ。

時に、さとみ嬢ははっきりさせたいお年頃なんでしょーが(なにその言い方)、あの曖昧さがH2の魅力だと思うのですが。ああいうラストだからこそ、いろいろ想像できていいんじゃないかなー。来週のサンデーであだち先生と対談予定だそうで、何を言い出すのかちょっと楽しみです(笑)

んーでもあだち漫画っていうと南については映画のパンフで「悪い女なのかな?」みゆきのときはヒロインの子が「みゆきの気持ちがわからない」とかなにかで言ってたよーな気がするのでするのですが、そんなマジに女の子キャラを応援する意見は結構初めて見ました。

昔読んでたときはヒデちゃんってひかりのことああゆう扱いでいいわけ?と思っておりましたが(比呂にかんたんにまかせちゃうところが、いいのかな~と)今思い直すに、ヒデちゃんって男はかくあれかし、みたいな人ですよね。弱音吐いたり出来ないのか。俺じゃあ駄目なんだな、みたいなことは言えない人なのね。
でもそれってひかりも同じで、ひかりは英雄に本音(というか地)を隠すところがある。似たもの同士だなあ。
似たもの同士だからうまくいかないところもあるんでしょうが。

|

« サンデー感想13号(ちょっと短め) | Main | モンキーターン最終巻(30巻)加筆について(前) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/3065601

Listed below are links to weblogs that reference H2 第七話見てみました:

« サンデー感想13号(ちょっと短め) | Main | モンキーターン最終巻(30巻)加筆について(前) »