« マイトガイン、最終回1回前 | Main | 今週のジャンプ »

大河ドラマ「義経」5回目感想

すごいよ「義経」!
ワイヤーアクションは結構面白がって見ていました。たぶん演出の方は絵本の世界を滝沢くん+マツケンとゆー素材を得たところで実写で表現したかったのだろうなあ、と思いまして、ならここまでやるのかって感じで面白かったです。
マツケンはやっぱ迫力あるし。本当にタッキーが長刀の上に乗るとは思いませんでしたが、新選組の源さんマトリックスより全然いいですよー(笑)池田屋の沖田の紫陽花CGとかね。

というわけでオープニングから五条だったわけですが、上戸彩&タッキーの出てるところは、そこだけ大河でなくなってしまいました。うつぼはああゆう現代チックな喋りにしたのですか…?うつぼよりうつぼの兄ちゃんサイコー。来週もぜひ出ていただきたく。

さて、今回登場のヒロインもう一人、石原さとみの静御前。
歌わないほうがいいと思います。
もしかして歌だけのほうがイイですよと思ったのはテレビに出たてのころのやまゆーですが(失礼)石原静御前は歌っちゃイカンです。つーか歌うな(失礼)
H2ほどは声がおかしくないと思いましたが、春華しゃべりはやっぱり無理があるのでしょーか。(H2はドラマのはるかがきらいなのでみなくなりました・爆)

いや、歌はともかく。そんなの出来ないよーな気がするので。どっちかというと気になったのは、静がやたらと説明的な台詞を言うところだなあ…いや、平家一門の女性の方が「これがこうであれがああで」みたいなのは同じ説明でも必要な説明だと思うんですけど、表に顕れづらい義経の心情を、さっき会った娘さんにべらべら喋らせるっていうのはちょっと説明的なのではないかなあと思いました。

あと、順調に腹黒路線を進む後白河法皇、ちょっとの出番なのですが素敵。
お父様ブチ切れの現場を想像してビビる息子さんたちが楽しいです。
実はこの前NHKの解説本を買ってしまったのですが、もうちょっと違うものかと思っていたんですが、あんなふうにブチ切れだったのか清盛さん。それにしても十数年清盛をだまくらかすとは頼朝、子供なのにすごいですな。
清盛は真実味があるものを信じてしまう人なのかな?心意気に打たれる、みたいな。だから反動でああなるという設定なんでしょーか。

次回は頼朝登場。政子も登場。親に向かって「あの男を殺して!」すごいお嬢さんです。頼朝&政子は楽しみなところです。
義経パートは今回、うつぼ&静と若い女優さんでどうしても画面の重厚さを欠いてしまったように思いますので、源氏パートとしても重石となるものがそろそろ欲しいなと思います…

|

« マイトガイン、最終回1回前 | Main | 今週のジャンプ »

「大河ドラマ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2829034

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ「義経」5回目感想:

« マイトガイン、最終回1回前 | Main | 今週のジャンプ »