« サンデー12号感想 | Main | 舞人の正義とジョーの変化 »

こわしや我聞 サンデー12号感想

なんか当初の予定より人数少なくないですか?>真芝壊滅作戦
思い切り「こわしや」に属性がついてるのはわかりやすくていいと思うんですが、もっと限定条件があるといいかもなあと思いました。仙術使えるとなんでも出来そうだけど、なんでも出来そうなだけにハナシに縛りがないよーな気がするもんで。さなえさんやかなえさんは、水があるところでのみ水を出しているらしいし、我聞はこないだのシージャックには無力だったし。属性を出す場合、「属性ゆえの弱点と長所」もセットだと思うんですけどどうでしょう?

今回の不満ポイントはかなえさん。弟が行方不明なんだからもっと心配するところとか見たい…先週号での果歩ちゃんにとっては番司は「ついせんだってちょっと家にいただけの思いっきり他人」だったから兄の心配を優先してするものでしょーが、かなえさんにとって番司は弟なのにー。なんだよー厳しいと見せかけて実は弟の行方を死ぬほど心配しているかなえさん展開とかナシですか?(今後出てきたりするだろうけど)でもって、ハナシ自体は真芝とのマジバトル突入。なんですが。なんか思い切りかなえさんの信用を得ている國生さんはなんでそんなに強者ポジションなんだろう(笑)

さて我也さんの動向がわかりません。金や名誉で裏切るような人ではないでしょうし、真芝がらみで行方不明になった人が真芝に協力するかあ?じゃあ、実は真芝に潜入してなんかの機会を覗っているとか。あるいは最初からそのつもりだったとか(なら辻原さんが真芝に執着するのもおかしい)我也さんは真芝がらみの仕事で出かけていって行方不明、いまはなんらかの事情で真芝に協力している?洗脳、ってそこまで科学力ないだろーいくらなんでも(笑)
真芝サイドからしてみれば、自分らの組織を調査しにきた相手を雇うにあたってはふつう警戒するでしょうしね。どんな流れなのかしら。
でも「そんな何ヶ月も行方不明で生死不明じゃいくらなんでも死んでそうだし、どーなってんだよ親父さんの行方は!」と思っていた点は、当の真芝にいましたよ、ということでかなりすっきり納得しました。
今度は「先代らしき人影を見て脱力する國生さん」とか「國生さんを拉致する先代」とかそんなベタな展開を!(笑)いや、結局この漫画で「精神的に成長し精神の振り幅を見せることで読者に感情移入させる」のは國生さんだなーと最近ひじょーに思いましたので、ここはやはり國生さんだ!

|

« サンデー12号感想 | Main | 舞人の正義とジョーの変化 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2976796

Listed below are links to weblogs that reference こわしや我聞 サンデー12号感想:

« サンデー12号感想 | Main | 舞人の正義とジョーの変化 »