« H2 第二話見てみました | Main | マイトガイン、アニマックスとちばテレビ連動感想 »

サンデー感想

さて、遅れましたがサンデー発売。
メイド喫茶で文化祭になってもすぐ本業になってしまうのか?と思ったら、メイド喫茶の特訓をする國生さんでした。意外に不器用な國生さんでギャグをやったところで、4巻おまけに登場した生徒会長が本誌にも登場!いえ、逆ですが。確かに「なんでメイド喫茶なんだ」という疑問はそのとおりで(笑)なんか文化祭における部活と生徒会の攻防っていうとあ~るを思い出します。懐かしすぎるネタだけど。

今回の見せ場はなんと言っても、議論紛糾する卓球部、そんな時に鳴った國生さんの携帯。仕事の呼び出し。帰らなくてはと断る國生さん、でも我聞は生徒会に抗議に行ってします。
携帯が鳴った時の演出がすごくいいですね。この漫画実は國生さんのドラマなのでは?と思わなくもありません。というのは、我聞って基本的に変化しないじゃないですか。ポリシーがしっかりしていて、迷うところがない。それは我聞のいいところではあるんだけど、漫画というのはやはり登場人物の変化と成長のドラマが欲しいなあと思ってしまうところで。ドラマ部分は國生さんが担っているんじゃないかなあ。

卓球部のみんなが出かけちゃって一人残された國生さん、でも彼女は事態を打開するために仕事に遅刻してもいい、と思って後を追った。エプロンドレスを着ていくとなんかそんなスゴい説得力があるのかどーかわかりませんが(笑)最近の國生さんの心境の変化は「ああ、よかったね」と思います。我聞っていうのは真っ当すぎて、それはそれで見ていて面白みはないかもなので←失礼な

さて他の漫画についても。
第三回となった「あおい坂高校」ですが、すげえ展開の速さですな。まずそれが一番びっくり。もう予選すか?ええ?!

…で、個人的にはこの流れはビミョー(爆)1話はいいなあと思ったんですが、コーチンはなんであんなあからさまにイヤなヤツ系なんでしょ。2話ではまだ、考えが違うのであって、そもそも主人公どもが鈴ねえを追いかけて都立に来るほうがおかしいと思ったんですけど。3話のコーチンは寿司屋に寿司代を返しに来ましたよ!普通そこは受け取っておくものだろうよ…なにかを言わずにすまないあたり、彼もまた別の意味で鈴ねえの弟子かもしれませんな。二人とも場の空気読んでないじゃん!周りはどうでも己の意思を通したくってしょうがないように見えます。

うーん、でも初回で鈴ねえにやり返すかのように辞めていった部員の皆さんの気持ちも、ぶっちゃけわからんでもないのですよ。だって迷惑じゃないですか、ふつーに楽しく野球やってたところに「甲子園ーーーーー!」ってしごく人が現れたら。それも別に部員が頼んだわけでもなんでもないのに、鈴ねえは「高校球児はなんでもなんでもとにかく甲子園を目指して当たり前!それ以外ありえないから!」って発想だったわけでしょ…それは違うよ鈴ねえ。と、思います。勝つことを求められてない、んじゃないと思う。一足飛びに甲子園とか言い出すから話が通らないわけで。だって甲子園なんて行けないじゃないですか(笑)というか全国レベルとか言い出すんじゃなくてまあ出来る範囲でやりましょうよ、っていうのはごく普通の話だと思うんですが。

そして一方でコーチンが勝つために師匠の鈴ねえの高校に行こうともしないのも、負けたくないから強くなろうとすることも普通の話なわけで。でもこの話ではなんか過剰に対立構造にしたがって盛り上げにかかってるような気がします。そもそも鈴ねえのためにあおい坂に行くほうが酔狂なわけだよね?自分だけが正しいわけじゃないとああゆう形で思い知らされた鈴ねえにとって、かつての教え子が救いになったっていうのは非常にいい話だと思ったのですが。

つか、このハイペースすぎる展開、残りの野球部の面子のドラマとかあるのかな。刺身のツマかなんかだったら虚しいような。

|

« H2 第二話見てみました | Main | マイトガイン、アニマックスとちばテレビ連動感想 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2651546

Listed below are links to weblogs that reference サンデー感想:

« H2 第二話見てみました | Main | マイトガイン、アニマックスとちばテレビ連動感想 »