« あけましておめでとうございます | Main | 雪組公演「青い鳥を捜して」 »

お正月東京雪組公演・ショー感想(タカラヅカ・ドリーム・キングダム)

いやあ、もういくらなんでもいいじゃないですか。なにも最後に降りてこなくたって。そこは後輩に譲ってやってくださいよ!ねえ?

…という雪組公演を見てまいりました。

ショーは「タカラヅカ・ドリーム・キングダム」。藤井・齋藤・三木せんせいによる三部構成のショー、なんだけど。
もしもし打ち合わせしました?つー感じで、いやいや見ていて胸焼けするようなショーでした。ふつうはですね、ショーというのは、きらきらしいものをのどかに眺めていて、目も神経も休まるような場面があると思うのです。フルで精神集中したら疲れますから。でもなんか三部構成、「濃い場面はオレに任せやがれ!」とお三方とも思ったとでもゆーのかな…コムちゃんとまーちゃんに轟様を混ぜてみましょう、というコンセプトというか使いようが何故か一致しておりまして、もうちょっとなんかあるだろう!ってゆーかこれ、ネタかぶり状態?いやあ、濃かったです。

その中で息を呑むのはやはしコムちゃんの最初の方の銀橋でのダンスだな…ああこの人ほんとに相手役要らずだーと思ってしまった(笑)やや、コムまーは好きですよ。ちなみにまーちゃんは2部@サイトー先生パートの鬘が大人っぽくて好き。
ウケたのはサイトー先生製作チャンバラシーン。サイトー先生てほんとにああいうの好きだなー。勢いよく、ある意味安っぽく見えるような、際どく品がないような(褒めてるんだけど…)ちなみに今回も耳付きでした。なんか耳が好きなんですか?必ず耳をつけるというお約束を己に課しているのですか?次は直球で猫耳あたりですか?(最初が更なる直球のバニーだったからなあ)

そういえば「TAKARAZUKA舞夢!」の時は私ってばダイスケ先生に失礼なことをここで書いていましたが(耽美はやめといて荷物をまとめてナントカ)薔薇の美少年な感じのコムちゃんがマダムたちに囲まれてるっつーか、マダムをはべらしてるあたりは非常にいかがわしくて素敵でした。なんか、タカラヅカ見てるのに、いけないものを見ているようでいいなあ。そしてそこに現れる轟様。あう、ここからはなんつうか、いやあ直球でホモはあまり好みじゃないなあ、という勝手な感想でした(笑)男役同士の絡みはですね、直球でホモにしてしまっては面白くないじゃないですか!ねえ?(力説するなよ)絡み合ったり抱き合ったりあまつさえちゅーしてしまっては娘役相手にやってるのを男役にシフトしただけではありませんか。今回のコムちゃんは両性ぽいけどさ。でもでも。
と、なんかよくわからないことを考えてしまいました。
でもダイスケ先生って男役同士の絡みで耽美系を目指すと直球に走りがちかも。以前カクテルをお友達に見せたときも「こんなホモでいいんですか?」とか聞かれてしまいましたよ。

芝居はまた今度。

|

« あけましておめでとうございます | Main | 雪組公演「青い鳥を捜して」 »

「タカラヅカ/お芝居」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2504922

Listed below are links to weblogs that reference お正月東京雪組公演・ショー感想(タカラヅカ・ドリーム・キングダム):

» 1月8日の私(宝塚雪組) [私のお楽しみ]
 今日は、昼過ぎに家を出て、東京宝塚劇場に、雪組公演「青い鳥を捜して」・「タカラ [Read More]

Tracked on January 09, 2005 at 12:02 AM

« あけましておめでとうございます | Main | 雪組公演「青い鳥を捜して」 »