« 大河ドラマ「義経」第二回感想 | Main | H2 第二話見てみました »

こわしや我聞・4巻感想

「こわしや我聞」4巻購入ー。というわけで感想文。若様登場です。この巻はソレだなあ。

ビバ!馬鹿様!ってな感じです。素晴らしい。眩暈がするほどお馬鹿さんです。いいよこんなライバルキャラ…!地味なミッションで、しかもディテールが込んでるわけでもないオヤジキャラが敵な話なんかやめといてこうゆう路線にしたほうがいいんじゃないか、と思ってしまいました。それでもバトルってるとそこはかとなく画面に迫力が欠けたりするわけですが(爆)

そんなわけで十曲才蔵。いずれこの会社はボクのものになる、らしい。そんな若様。しかし、無能なら即用済みにされてしまいそうな非情っぽい真芝グループ。
ということは、連載がうまくロングランになったりしたら、真芝グループから裏切られたりしてかっこよく我聞サイドに寝返るとかあるんでしょうか若様は。
すいませんそんなキャラを見たことがあるもんで。お付きにじじいと小娘までいてキャラの立ち方もそんな感じだし!(※山岡さんはじじいじゃないってば)

というわけで私的には「こわしや我聞」を読んでいるとついサンライズの勇者シリーズを連想してしまう次第です。つっても、我聞パパが渡り鳥シリーズっぽいあたり舞人くんのお父さんのようだ、とか、若様ってワルター様@ゴルドランな系統のキャラだよなあ、とかそんなもんですが。

しかし若様なんでパツキンなんでしょ。どう聞いてもその名前は日本人ですが、染めてるのか?そういう自己主張?(黒髪でアレでもうざったそうですが。画面上白いからさっぱり見える…絵的に)

さて若様の話ばっかしてるのもアレなのでストーリー展開ですが、ニセモノの逮捕礼状とか南米のテロリストとか、相変わらず細かいディテールはどうでもいいんだなあ(苦笑)水着とかTシャツとかにはこだわるのにー!そして小切手とかくれるのにー!(名刺くれるわ小切手切るわ、若様は隠密行動をしようという意思がどこにもないなあ)

軟化しはじめの國生さんはかわいいですな。「みんなとお出かけわくわく」みたいな、今までなかった体験をして生き生きとしている國生さんはかわいいです。きっと天国の我聞パパも國生さんにこんなお友達が出来ることを願っていたことでしょう…って死んでないっつーの!!(スイマセン)

その、軟化しはじめた國生さんと我聞をくっつけるプロジェクト始動。果歩ちゃんのあまりにもな名言、「愛は馴れアイ!!!」…「慣れ」ですらなく「馴れ」なんだなあ。続く言葉が「動物とかも一対一にしとくと勝手につがうし、要は馴れです!」って。

そういえばこの合宿のあと番司が出てきたんですなあ。割合本誌と近くなりましたね、今回のコミックスで。
そんなわけで明日のサンデーがたのしみです。

|

« 大河ドラマ「義経」第二回感想 | Main | H2 第二話見てみました »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2617042

Listed below are links to weblogs that reference こわしや我聞・4巻感想:

« 大河ドラマ「義経」第二回感想 | Main | H2 第二話見てみました »