« 最終回感想 | Main | 「罪に濡れたふたり」最終回後おまけ考察-1 »

To Heart12話感想

To Heart新作ですが、とうとう次回、最終回。
今回はマルチの謎が明かされてクライマックス。浩之を好きになってしまったマルチは、浩之に必要とされたい自我と、それによってあかりを傷つけてしまうことはできないというロボットとしての本質の間で引き裂かれる。マルチの感情回路の欠陥。浩之に愛されたい・だがあかりを押しのけることはできないという矛盾にはまりこんだ時、感情回路は無限ループに陥ってしまう。

マルチの思考の中で、浩之のそばにいるあかりの姿を見いだした瞬間、浩之が遠くなっていきマルチが悲鳴を上げる…ってゆーのはベタっちゃベタなんですけど、それだけに可哀想でした。だってロボットだったら無限ループで回路が疲弊してそれが欠陥って話だけど、人間だったら普通ですからねえ。
いやいや、そもそもそれを言い出したら、メイドロボがやたら可愛い女の子でなくてもいいという話ですが。それを言い出したら始まらない。
ところでGPS付きのアンテナを外したマルチは髪の色が違うだけでまんま葵ちゃんですよ、と家人に突っ込んでみたところ、それは禁句だそうです。

で、話を戻して。
こういう話をマジでストーリー展開としてやっちゃうと、マルチというのは本当に可哀想だ…別に悪いわけじゃないですからね。むしろ素直すぎて無垢すぎますからね。あかりは「マルチちゃんならいいよ」と譲ってみせたけど、本当にはそんな自分に「うそつき」ですからね。そういうエゴは、人にはある。マルチはなまじロボットなだけに無垢で、それゆえこーゆー状況に陥っちゃうと本当に気の毒ですな。

さて、そんなわけで暴走状態、アンテナを外して「探さないでください」状態のマルチ。マルチを探すみんな…なんだけど、マルチの真実が明かされた後の綾香様、ステキ(綾香さまってお前はセリオかというツッコミは無しで)
綾香さまステキ!オトナです!分別ありあり!浩之をたしなめる綾香さまかっこいい!…って、暴走してますスイマセン。

浩之も自分だけ蚊帳の外で気の毒だけど、じゃあどうすればよかったのかっていうとどうしようもない話ですから。なんつうか。うーん、でもこの後の展開…全員で探して全員でマルチを見つけるってゆうのはアリでしょうが、そもそも浩之とマルチの問題だよね?一緒に探そうよ、と言い出したあかりにはどうしようかと思いました(笑)だって普通、相手が生身の女の子でも、振る時彼女はついていかんだろ!という観点に立つと、あかりの発言は微妙に疑問でしたが、しかしマルチを皆で探すという観点に立つと、あかりはワンオブゼムになるわけで。いいんだけど、なんていうか、この話のあかりの描かれ方って結構微妙じゃありません?くっつくヒロインには手厳しい意見になっちゃうのかもしれませんが。

そしてマルチの行方は?
…芹香様の占いで判明してしまいました(笑)そうだと思ったけど、イイなあこの展開。つーわけで最終回待ちですー結構期待。

|

« 最終回感想 | Main | 「罪に濡れたふたり」最終回後おまけ考察-1 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2311616

Listed below are links to weblogs that reference To Heart12話感想:

« 最終回感想 | Main | 「罪に濡れたふたり」最終回後おまけ考察-1 »