« 金子達仁「いつかどこかで。」 | Main | ひとまず落着?~こわしや我聞 »

サラ・ウォーターズ「半身」

サラ・ウォーターズ「半身」(創元推理文庫)を読了。
このミス関連で本屋に著作が並ぶ中、1年前のから引きました。だって、2冊より1冊の方が読みやすいじゃないですか(笑)

というわけで、時代はヴィクトリア朝、舞台は実在のミルバンク監獄。女囚が収監されるこの監獄を、とある貴婦人が慰問に訪れ、そこで貴婦人は不思議な女囚に出会う…というミステリアスな幕開き。綿密に描写されるミルバンク監獄。ヒロインたる貴婦人「わたし」が出会った女囚、シライナ・ドーズ。監獄に相応しからぬ雰囲気を持ったシライナの罪状は、詐欺と暴行。だが「わたし」はシライナに関する情報を集めていくにつれ、シライナと話すにつれ、彼女が犯罪者などではないと確信していく。
「わたし」とシライナは幾度も会い、語り合い、心の結びつきを深めていく。その先にはなにがあるのか。だいいちこの物語はどんな方向に転がっていくのか。

結末は、呆然とするほど意外でした。
この結末のために、この物語はこうも緻密に綿密に描写されてきたのかと思うと、「えええええ?」とゆー感じ。思い切りネタを割りますので反転ですが→「シライナは詐欺師じゃない」っていう方向にずっと話を持っていったけど、最後に彼女がやったのは詐欺以外のなんでもないじゃないですか。そんな皮肉な結末って。

そんなわけでつぎは「荊の城」にチャレンジしようと思います。

|

« 金子達仁「いつかどこかで。」 | Main | ひとまず落着?~こわしや我聞 »

「読んだ本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2376689

Listed below are links to weblogs that reference サラ・ウォーターズ「半身」:

» サラ・ウォーターズ [PukiWiki/TrackBack 0.1]
Counter: 754, today: 4, yesterday: 31 サラ・ウォーターズ † 名前:サラ・ウォーターズ(Sarah ... [Read More]

Tracked on February 25, 2005 at 11:06 AM

» Percocet & mexico. [Percocet & mexico.]
Percocet & mexico. [Read More]

Tracked on August 27, 2007 at 05:50 AM

« 金子達仁「いつかどこかで。」 | Main | ひとまず落着?~こわしや我聞 »