« ジャンプ3・4号感想 | Main | ミスフル感想(ジャンプ3・4号分) »

ミスフル感想(ジャンプ2号分)

なんかあんまりじゃないかこれ、と思って置いておいたのですが、結局改稿もせずに載せてしまいます…
しかし、最近なんかもういっぱいいっぱいではありませんか…

というわけで蛇神先輩が再度昇天されました(してないしてない)
我が命よ尽きるならば尽きてしまえ、と盛大に自爆思考を見せつけたわけですが、待ってください、蛇神さんそれはもともと恋歌です。

蛇神さんが選んだこの一首★
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの 弱りもぞする


つか蛇神さん、一句とか言ってるけど一首の方がよいです。何故かというともともと「百人一首」ですから。「首」が単位ってことでよろ。

百人一首の中でもこの歌は人気が高いそうですが、情熱的なところが魅力なのでしょうね、と解説ぶってみる。忍ぶ恋、私のこの秘めたる思いが隠しきれなくなるのなら、その前に私の命が絶えてしまえばいい。

蛇神さんはおそらく「我が命、絶えるなら絶えてしまえ」とそこだけ拾っています。でも待って、本当は後ろが重要だから。大事なのは下の句だから。忍ぶ恋がテーマだから。文脈として「忍ぶ恋を隠しきれないのなら」→「我が命が絶えてもいい」ですから。勝手に文脈変えて使わないよーに、蛇神さん。

でも百人一首スキーな村中兄は蛇神さんセレクト一首★を「心得た」=納得した模様。え、それでいいの?忍んでないよ?
いいんです。村中兄はこう思ったのですよ。

「ああこいつ全然判ってねー、アレ悪いけど恋歌だから。忍んでねーだろお前。判った、お前がちっとも判って無くてテキトーに上の句だけで選んだんだんだってゆーのがよおおく判った、――というふうにしかと心得た」

という意味なのです。
でも村中兄は★オトナ★なので、そんな失礼なことは言わずに蛇神さんの妄言を

華麗にスルー

してくださったのです。
(★を一度つけてみたら痛いと知りつつ癖になってしまいました、スイマセン)

というわけで知ったかぶり百人一首引用はやめようZe!という教訓なのでした。ホラ、罰ゲームで目まで見えなくなっちゃうYo!

あ、水垢離から一環の行動を全然マジに受け取ってませんが、すいませんこれは笑うところですよね?私なんぞ初っぱなから大爆笑でしたが。そして蛇神さんの発言のあまりの意味不明ぶりは突っ込むところですよね?シンジくんとカヲルくんごっこをして遊ぶところですよね?「蛇神くん、君が何を言っているか僕には判らないよ!」とかエヴァごっこをするところですよね?

それにしても牛尾さん、なんつうか…「とにかく」と言う、全てを遮る説得文句を出してきてしまっているあたり、実はこの人相当ヤケクソorテンパリ気味です。こんな意味不明なお友達がいらっさると大変です。
あ、そうだ、もう蛇神さんは使徒なんですよ。
カオルくんは使徒だから人間の言葉が通じなかったよーなモンだけど(…違うけどさ…)、蛇神先輩も使徒なのです。私たち人間が13番目の使徒であるように。(ヤケになってるのはこれを書いてる本人ですがな)

あ、それとも蛇神さんはなんかを忍んでるんですか?
勝利への執念や野球への愛情なんかなら、忍ぶ理由はないよね?つか、それが露見しても困らないよね?
じゃあ恋を忍んでいるとか。
本当に恋を忍んでいて、この思いが露見するくらいなら、いっそこの身が絶えてしまえ、と思っている。

…誰にじゃい(振り出しに戻る)

もういっそここまで行ったなら「盲目バッター」とかありえない展開をお願いします…(笑)不二だってやってたじゃん!

|

« ジャンプ3・4号感想 | Main | ミスフル感想(ジャンプ3・4号分) »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2369497

Listed below are links to weblogs that reference ミスフル感想(ジャンプ2号分):

« ジャンプ3・4号感想 | Main | ミスフル感想(ジャンプ3・4号分) »