« 能力バトル開始?~こわしや我聞 | Main | 今週のジャンプ(遅ればせながら) »

『震災列島』読了のこと

『震災列島』読了のこと。
私はネットで地震防災関係のコミュニティにちょろちょろ参加しているのですが、この本はそっち関係で刊行前から「出ますよ~」という情報を聞いておりまして、さっそく買ってきて読んでみました。
さっそくって言っても10月に出たのでちょっとタイムラグありますが。

『震災列島』というタイトルになっておりますが、これは想定されている東海地震が起こるというシミュレーションで描かれたものです。でもそれが前面に出ているというよりは、ヤクザに復讐したい父子のストーリーが前面。
うーん、ねたばれちっくになってしまいます。以下。


んで、感想ですが。この話はメインの軸として、娘がヤクザに暴行されて、自殺に追い込まれてしまう。娘の父親と祖父がヤクザに復讐を誓う。というのがあるのですね。それがちょっとあんまりだろうって感じで、ぶっちゃけ可哀想すぎるというか、もう読んでらんないって感じで…ここまでやる必要はあるんですかね?と、ちょっと思いました。読んでて全然気分よくないし、後のストーリーとしてもっと大きな事件が控えてるんですけど、娘さんの話がひどすぎてそっちのインパクトが強烈すぎ。な感じ。後の事件自体は一気読みだったのですが、なんかそこがひっかかった部分です。

これって、動機自体はさりげなく匂わせておいて隠しておいて、最後にどかんと持ってきて描写も数行くらいですます、というわけにはいけなかったのでしょうかね?小説の作法としてはそういうのありそうだと思うんですが…(と、ここで具体例をあげると関係ない作品までネタを割ってしまいますが)
事件の動機は必要だし、訴えたいものがあるんだと勿論思いますが。でも正直、ここまでやられると気分よくない方が先に立ってしまうなあ申し訳ないけど。前作の『死都日本』の方が面白いってネットの評判をいくつか見たもので、今度はそっちを読もうと思います。

シャレにならない話のようですが(汗)一番圧巻だと思ったのは地震で浜岡原発が壊れる壊れない、のところ。怖いですよ…マジで怖いなあ。
前フリはどうでもいいから(前述の理由)いざ地震が起きてから、のところはすごいです。これって、政治家がらみの話とかいろいろなストーリーを多面展開で絡めようとして、その実ひとつひとつが散漫になっているような気がしなくもないので、どこかひとつに固定した方が見所があったのでは…?そのへん惜しいなあ、と思います。ことに、復讐話がキーになってるんですけど、そのへんの人物配置がまるで安手のテレビドラマって感じのパターン描写なんですね(酷)でもテレビはテレビだからいいのであって、文字媒体でまんまテレビドラマノリのことをやられるとなんていうか…
ドラマチックかつダイナミックな展開にしたかったのかも知れませんが、主人公たちが「戦争だ!開戦だ!」とかそんなノリだから、事件はすごく重いはずなのに、その重みが薄れるような気がしてしまいますよ。なんかいろいろ盛りだくさんにしたかったんだけどしすぎてはんぱになっちゃった印象です。本当に脇で登場する人々は脇でありつつ掘り下げられてちょっといい感じ、だと思うので、地味でもそういう方がよかったのでは?と勝手に思いました。

最後になりますが、新潟の被災者の皆様には(こんなところで言ってもどうしようもないんですが)心からお見舞い申し上げます。日本は本当に地震が多いところで、いつ自分のところにも、というのは本当に判らないんですが、とりあえず自分の家では家具を固定したりしております。

|

« 能力バトル開始?~こわしや我聞 | Main | 今週のジャンプ(遅ればせながら) »

「読んだ本」カテゴリの記事

Comments

 「震災列島」で検索して、おじゃまいたしました、のみすけといいます。最近、週刊現代でこの小説の漫画化、連載が始まりましたね。
 で、私もその今週発売号を読んで、非常に怖くなってしまいまして、もの凄くイヤーな気分になりました。今も、まだ引きずっています(涙)本筋は、もっと違うことをテーマにしている小説なんですね。イヤなものみたさで、きっと来週号も読むんでしょうけど。

Posted by: のみすけ | May 26, 2005 at 01:47 PM

のみすけさん、こんばんわ。
週刊現代の漫画、私もちょこちょこ読んでおります。
そうなんですよ、あのあたりは、すんげえイヤな気分になってしまうのですよ…(泣)なんていうか、もうちょっとなんかないのかよ作者!と叫んでしまったところです。小説を読んでいたときも、非常に後味が悪うございました。

漫画版はなまじお嬢さんが可愛いので、始まったときから「あああ~」と思っておりましたが。
いざ地震になってからは、この作品の真骨頂ですよ。絵付きということで、きっとものすごく迫力あるものになると思います。そのへんを楽しみにしております。迫力あり、浪花節ありで期待できますよ!

長々と書いてしまいましたがコメントありがとうございます。
ではでは。

Posted by: みなみ | May 26, 2005 at 10:13 PM

 みなみさん、お返事ありがとうございます。
 漫画を読後、後味どころか、前味が悪い作品なんだと思い、コメントせずにはおれませんでした。
 アマゾンのブックレビューでも、「そのへんは入れなくてもいいんじゃないの?」というのがあり、みなみさんのブログをみつけ、似たような考えをもっていらっしゃる方がいて、安心しました。ホントにどうにかならないんですかね…(涙)

 おかげさまで、あらすじがなんとなく分かったので(作品のテーマに対する)誤解も少しは解けたと思います。真骨頂まで(精神的に)耐えられるかどうか分かりませんが、読んでみようと思います。
 ありがとうございました。

Posted by: のみすけ | May 27, 2005 at 05:28 PM

のみすけさん>
そうなんですよ、私も「震災列島」がハードカバーで出たときにネット上で感想を捜しましたが、あの部分は評判が悪かったです。面白いけどあれがあるから人に勧めづらい、という知り合いもいましたので、(今回はもう直せないにしても)次からは考えて欲しいものですね。
せめてラストにあの話を持ってくるなりして、直接描写しない、というような話ならまだ嫌悪感が少ないと思うのですが。

いっそ後半だけ読むというのもお勧めですよ(笑)いや、あれホントにいらないって感じです。

Posted by: みなみ | May 29, 2005 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1944089

Listed below are links to weblogs that reference 『震災列島』読了のこと:

« 能力バトル開始?~こわしや我聞 | Main | 今週のジャンプ(遅ればせながら) »