« 鴻上尚史「リンダリンダ」 | Main | ドラマ「弟」 »

こわしや我聞・3巻感想


こわしや我聞、三巻購入。
なんとなく判ったような気がしました。「こわしや」のプロットというのは、1話完結ものシリーズアニメの構成ぽいのではないかと。それも、厳密なリアリティを必要としない、アニメっぽいアニメのそれではないかと。毎回登場するランダムな敵+ミッションを遂行するメンバーたち+主人公側のストーリー+最後の必殺技。だから水の刃でヘリだの潜水艦だの破壊してもイイんですよ!この作品はそういう構成であるので、敵方のリアリティというか出来る情報戦とかそもそもそーゆー話ではないのではないかと。あ、これアニメのお話を漫画でやってるんだー、と思うと、なにか個人的に非常にしっくり来るものがありました。

一話完結型のアニメが必ずしも精密なリアリティを要求しないのは他に魅力があるからですよね。なにって、毎回の決めシーン。使いまわしなわけですが、変身シーンとか必殺技シーン。その型式が躍動感に満ちたかっちょいいものであるからこそ、事件解決のイベントそのものにそんなに凝る必要はない。凝ってもいいのかもしれませんが、凝ってると25分そこそこで終わらない。

しかし漫画の場合、総天然色でもなければ効果音もつかず動かないので、同じことをやっても同じ効果は得られません。だから我聞のこわしやイベントはいまいち無難になってしまうのではないかと。勝手ながら思いつきました。

それにしても増刊連載の初期設定、これ見るとほんとに國生さんは綾波だなあ…主人公の父親に心酔する無口なヒロインな時点で今でも綾波系ですけど、初期設定はさらに。綾波っていうかユイさん。そして次の頁、秘書でお目付け役な辻原さん。うわ、そうだったのか。そ、それは秘書國生さんの方が可愛いですよ!(当たり前だ)つか高校生社長と10+α年上男のお目付け役ペアって、少年サンデーよりもむしろ花とゆめ系の関係性ですな(爆)ってゆーかそのノリで行くと辻原さん裏切り確定、ラスボスは父親で!うわすいません調子に乗りすぎました。

三巻収録のお話自体は序章っぽく設定紹介っぽくもあり、こわしやイベントそのものは正直無難だなあというのが感想(爆)新キャラとしてはほっちゃんであり、掘り下げエピソードとしては國生さん。ほっちゃんのお話ははぐれ者の仙術使いがいるという設定紹介も兼ねたものでしたが、ちょっとこの敵はあまりにもバカみたくない?って感じです。

掘り下げエピソード國生さん。藤木先生の扉絵の構図って上手い!と改めて思わされました。スナップショットのような止め絵の中に描かれた人物たちの一瞬の表情、その中にある感情の豊かに描かれていること。工具楽一家を見守る國生さんという構図は國生さんの寂しさも距離感も描き出されており、こーゆーのホントに上手いんですね藤木先生って。
で、本編。仕事が一番、の國生さんですが、國生さんにとって仕事というのはただの仕事ではないんですよね。仕事だったら、体調が悪いんだったら代わってもらえばいい。「私がいなきゃこの仕事が」っていうのは、本人が思ってるよりはそんなことなかったりもします。
たとえば皆様の会社で、インフルエンザの治りかけでやってきた人を丁重に叩き返したことはありませんか?あるいはそのように丁重に叩き返されたことはありませんか?そうでなかったら、丁重に叩き返したほうが医学上よろしいと思います。(脱線)そーゆーわけで…仕事でやっていることならば、「体調悪いのに来てもらってもすることないし迷惑」ですらありうるわけですよね。

でも國生さんにとっての仕事というのはそういうものではないわけで。ある意味全存在がかかっているとすら言えるのかも。しかも先代の他によりどころがないままに先代行方不明だし。経理の仕事ぐらいと言われたことから端を発して自分でも判らないまま意地を張る國生さんは無自覚気味なだけに可哀想だなあ。我聞はぜんぜん悪気ないんだけど。でも結果的には、我聞がお馬鹿さんでニブいのはいい方に作用してますよね。これで我聞が察しが良くて「オレたちには入り込めない」とか言い出しそうな人だと國生さんに遠慮してしまってなにも変わらない…いい主人公だなあ我聞。

しかし。
経理の仕事ぐらいならオレにでも出来るしって。
出来るのか?!ぐらいってなんだぐらいって?!経理って大変なんだぞ我聞!カンタンに言っちゃいかーん!!
…すいません私には出来ません(負け組)

|

« 鴻上尚史「リンダリンダ」 | Main | ドラマ「弟」 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/2015159

Listed below are links to weblogs that reference こわしや我聞・3巻感想:

« 鴻上尚史「リンダリンダ」 | Main | ドラマ「弟」 »