« こわしや我聞~國生さん魅力編 | Main | ワークワーク第10話 »

こわしや我聞~主人公・我聞の安定性

基本的に漫画というのは、数あるフォーマット的な設定の中でも、その作者さんが書きやすい、書きたいと思う世界を魅力的に描くのが一番魅力的だと思います。私が『こわしや我聞』でイイなあ、と思うのは、我聞の母のお葬式の時の我聞と果歩のやりとり(回想)ですね。お父さんはお母さんが嫌いなの?と泣く果歩に対して、そんなことあるか!と自分も泣きながら言う我聞。我聞だって子供なのに。自分も泣いちゃってるのに。その前の、「ああしないと母さん天国に行けないんだ」という台詞も非常にイイと思います。お兄ちゃんだから必然的に下の弟妹より強くならなきゃいけない。こーゆーところを(しかもこんな小さい段階で)見てしまうと、普段「家族を守る」と言っている時よりよほど我聞は責任感ある長男だ!と思いますね。まあ逆で、普段は「家族を守る」と言ってるけどその言いようがいかにも頼りなく見えるんだけど、実はすごく精神的には芯が通ってて曲がらない人なんですねえ、と言うのか。逆に、今頑張っている果歩が昔こうであったという描写を見ると、彼女の成長も伺えるわけです。

藤木先生はこういう子供同士のドラマが巧いなあ、それはすごいことだよなあ、と思わされた場面でした。そして子供同士のドラマを描くのに、子供を可愛く魅力的に描ける、というのは非常に大切なことだと思いますので、藤木先生の絵の可愛さ、こーゆー表情の巧さも光っている、と。

さて、このへんの一連の回想を見ると、我聞の意識というのは非常にはっきりしている。家族を守るということが非常に重要なポイント。だから我聞が何も犠牲にしないというのは、甘いと言えば甘いけど、我聞の言い分は筋が通っています。今そこに当たり前のように存在するものを(けど簡単に失われてしまうものでもあるということを経験として知っていながら)大切にする、というのが我聞の意志であるわけですから。だから彼は「なにかを犠牲にして変わることなんか意味はない」というように言うのでしょう。

我聞にはそーゆー意味で既にある程度完成された人格を持っている。勿論完璧ではないし、逆に言うと完璧である必要はないんだけど、我聞は非常に安定した性格の持ち主だと思います。実は取り立てて精神的葛藤って…ないよね?ないから安定してるんだけど、でも逆に、ないからいけないのか?とちょっと思いました。



なにがいけないって(いけないっていうのも語弊があるかなあ?)、我聞の目標が単純な技術向上になっちゃってるんではないかと。実を言うと、「今まで使えていた技が恐怖感で使えなくなった!でもそれをなんとか克服する!」とかいう方がドラマ性が強くて同じ必殺技を使うのでも圧倒的にシチュエーションとして盛り上がるわけではないですか。

でも我聞って、「単純に我聞の技術不足で今まで全く使えなかった技が、テンション高い極限状況でやってみたら偶然出来ました!じゃあ次はデフォルトで使えるように鍛錬しましょうか」ってノリだと思うんですね。それは精神論であるよりも圧倒的に技術論であって、少年誌的な盛り上がりにはやはり、精神論と技術論をどっちも盛り込む方がオモシロいんじゃないかなーと思う次第です。いい意味でハッタリが効く、といいますか。

でも我聞って性格上「オレはこんなに出来るんだぜー!」と過信気味だったのが一気に落とされるってことはなさげだし(何故って最初から過信する機会がないから)、我聞が自分自身の在り方に疑問を抱くほどのシリアスな状況に今まで追い込まれたこともないように思いまして。

ここでなんとなくFF6を思い出しました。ファイナルファンタジー6。あのゲームは出てくるキャラクターがそれぞれ自分の過去と向きあうイベントを通じて成長するというものですが、フィガロ兄弟の葛藤っていうのはもうゲームが始まった段階では終わっちゃってるんですね。彼ら兄弟は10年前、兄が王になり、弟が自由に生きる道を選ぶ、そして弟は兄のために戦うという目的をしっかり持ってるわけで。一方兄は父の跡を継ぎ国王となり、双子の弟に自由な道を選ばせることを納得している。
他のキャラクターはそれぞれ後半で「過去の自分を克服する」ためにゲーム中のイベントが用意されているのに対して、フィガロ兄弟はそーゆーのがない。あるのは、フィガロ城に泊まった時に用意されている回想場面だけ。この人たちは既に過去に自分を乗り越えてしまっているので、ゲーム中でそーゆーイベントをこなす必要性がなかったわけで。

でもFF6には一方でロックやティナやセリスがいた。
…んじゃあ「こわしや我聞」で葛藤する人は國生さんってコトなんでしょーか、とかまたいーかげんなことを長々と口走ってみました。

|

« こわしや我聞~國生さん魅力編 | Main | ワークワーク第10話 »

「こわしや我聞」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1819295

Listed below are links to weblogs that reference こわしや我聞~主人公・我聞の安定性:

« こわしや我聞~國生さん魅力編 | Main | ワークワーク第10話 »