« ジャンプ48号感想文 | Main | サンデー48号(モンキーターン) »

「罪に濡れたふたり」最終回

北川みゆき「罪に濡れたふたり」が今号をもって完結いたしました(※チーズ)
友達に数号分をまとめて話しては、喋るごとにツッコまれるというスゴい漫画でした。
例:
じぶん「そこでパスポートを燃やしてアメリカから日本に帰るのを妨害するんだよ!」
お友達「再発行すりゃいいじゃん!」

みたいな。
前回は禁じられた姉弟愛のうち弟(由貴・よしきと読む)がイタリアで鉄道事故に巻き込まれたとのこと。顔の判別がつかない遺体があり、由貴のパスポートを所有していたという。
んで、この展開をお友達に話したところ「あーそりゃパスポートすられてたってオチだよね、死んでない死んでない」というコメントを頂きました。

まったくそのとおりで寸分の狂いもありませんでした。>こんなところで御報告

で、ヒロイン香純は、二人が姉弟と知らず初めて会った場所、フォロ・ロマーノで由貴を待ち続けます。絶対由貴はここに現われると。そこで由貴が奇跡のように現われ、前述の通りパスポート云々の説明をしてくれるわけです。

でも最終回も総ページツッコミまくり、な内容なのですが。
そのいち:
由貴はパスポート盗難に遭い、大使館で再発行の手続きをしていたとき、自分が鉄道事故に巻き込まれ死んだことになっていたと知る。じゃあ「鉄道事故の身元不明の遺体は由貴本人じゃない」って連絡がオフィシャルに行くだろーー!!でも連絡が行きません。何故かというと、最後に香純にだけこっそり会いにいきたいからです。

そのに:
香純はそもそもイタリア行きの旅費を、実家のアクセサリーを勝手に持ち出しリサイクルショップに売り払って工面するというスゴい真似をかましてくれたわけですが、(しかも、自分と弟の仲を知り姉弟の仲を引き裂こうと苦労している母親から。勝手に。しかも香純は大学中退以降一度たりとも働かず、自分と弟の仲を知り姉弟の仲を引き裂こうと苦労している母親の家にいて穀潰しライフor弟にだけ稼がせてやっぱり穀潰しライフ、なんですが。
その香純が、イタリア語からっきしなのに(英語が出来るわけでもない)、どーーやって毎日フォロ・ロマーノに通い詰めるだけの宿泊費をお持ちで?
渡航費だけでなく当座の生活費分も持ち出したとか?それとも、もうかまわないで、と絶縁したはずの母親から仕送りでももらってる?非常に謎です。

そのさん:
だから二人でやっと邪魔されない場所で会えたのは判った。じゃあそのあとどーすんだ!日本にこっそり帰るのでしょーか。(だからその渡航費はどこから)それともローマで二人で暮らす?不法就労すか?

という最後までツッコミどころ満載の漫画でした…
うーん、でも私この漫画、和樹が死ぬくらいまでは結構好きだったのですけど。和樹の死によって一時的に香純と由貴が別れる→ちょっとだけいざこざがあり元に戻る→そこで列車事故で由貴死んだかに見せかける?くらいの展開だったら、最終回これでも「いいんだよ、ベタだけどいいじゃん!」とか言っていたような気がします。

でもその間が長すぎまして。話を引き延ばすのが作者の意志でないんだとしても、あまりにもちょとっと長かったです。
でも終わったんだー、と思うとちょっと感無量。

後日追記。
「罪ふた」最終回後おまけ考察を追加しました。

|

« ジャンプ48号感想文 | Main | サンデー48号(モンキーターン) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1781369

Listed below are links to weblogs that reference 「罪に濡れたふたり」最終回:

« ジャンプ48号感想文 | Main | サンデー48号(モンキーターン) »