« 巨人の星(そのいち) | Main | 「タッチ」のこと »

巨人の星#2(そこから連想するスポーツ漫画)

つーわけで巨人の星の続きにしようと思いましたが、昨日の今日なのに、もうなにを書こうとして続きにしたのか忘れてしまいましたよ(爆)

わたしが雑誌で漫画を読んでいるときにはやっていた、野球を扱った漫画は「タッチ」でした。「タッチ」は、和也が天才投手でなかったらなんにも問題なかったのにね(ミもフタもない)南が子供の頃言った「甲子園」というのを射程距離に置けちゃうような人だから話がこんがらがったのであって、甲子園なんて無理無理~な人だったら、お話にはなりませんが、あんな話にはならずにすんだのでは。

…というのは南ちゃんの「甲子園に連れてって」とゆーのも、いやあムシがいい話だよなあ、あんたなんにもすることないじゃん、己の努力が全く介在しないところで人任せな夢なら人に押しつけるなよ、と言いたくなった時もあったのですが(あったんかい)、和也が「南の夢は叶えてあげるよ」と言い出さなければよかったというか、和也がその力を持っていなければ、南の夢も子供のたわいない夢ですんだので、南が悪い(悪いのかよデフォで…)とは言えないなあ、と。

つーか南ちゃん。アニメ放映当時映画版も作られましたが、そのパンフ上で「南ちゃんは悪女?」と言われていまして、今思い出すと笑えます。
映画版は原作とはちょっと離れたストーリーで、高校二年の夏、達也は甲子園を目指すんだけど、和也のコピーとして投げる。そして、結局打たれて負けてしまう。ラストで南が「来年こそ甲子園に連れてって…タッちゃんが」と言うのです。
これで南役の声優さんがパンフレット上の対談で、南としては、タッちゃんはがんばったんだからもういいよ、と言ってもいいはずだ、それなのに「来年甲子園に連れてって」というのは南ちゃんは実は悪女なのではないか?と突っ込んでいたんですね。

…声優さんにそう言われてしまうというのも…すごいなあ。

で、「タッチ」の話になってしまいましたが、女のためにスポーツするなんてナンパだ、という意見も当時あったのかもしれません。でもそのへんはスラムダンクの花道が「春子さんに惚れてバスケを始め、最初はバスケが好きかと言われて勢いでハイ!って応えちゃったけど、最後の最後で、今度こそ本気でバスケが好きだと言えるようになる」という物語である意味乗り越えちゃった気がしなくもありません。勝手にいろんな漫画をつなげてしまいますけど。

だから全然巨人の星に話が戻らないなあ。えーとそんなわけで、わたしがスポーツ漫画を読んでいた時にはもう、ああゆう巨人の星のような漫画ははやらなくなっていたらしく、あーゆー漫画は雑誌には載っていませんでした。「タッチ」とかそういう流れに行く前に(=少年誌をラブコメ風味漫画が席巻する前に)水島新司も巨人の星が嫌いだった、みたいなことをどっかで言っていたような気がしますが。でも、なんとしてもその漫画を否定して、違う漫画を描きたいと思わせるようなものだったら、巨人の星というのはすごい高いハードルだったのかも、と思います。

巨人の星と言うと、「飛雄馬は大リーグボール1号~3号を投げ分けていれば長持ちで活躍できたのでは?」とゆーツッコミが入るものらしいですが(そりゃその通りで)、そういう意味では、星くんは野球の投手のあるべき姿を追っていたわけではないように思います。つーか、必殺技が一度破られたら二度と使わない、繰り出した必殺技が破れて新しい技を開発する…ってゆーこと自体野球の投手の発想じゃないよなあ(笑)そもそも決め球だと思って投げたものが浮いちゃったらホームランコースってこともあるし、相手が勝手におかしなところでバット振ってくれることもあるし。どんなにコントロールいいって言っても、一度も失投がないってことはありえないでしょう…漫画じゃないんだから。あ、しまった、漫画でした。
というわけで、よくよく考えてみると巨人の星はそういう意味では野球の本質を捉えて描かれた野球漫画ではないわけです。ゆってみれば格闘ものの野球版なわけですよね。(そりゃ原作者が梶原一騎だし、どうもそのつもりだったらしいし)
でも「巨人の星は野球に名を借りただけで、野球を描き出したものではないから野球漫画ではない」なんて言い出しても始まらない。

あ、今思いつきましたが、ミスフルって路線(ノリ)としては巨人の星なのかも(笑)
たとえば鹿目先輩ってば、普通のカーブ&剃刀カーブ&魔球X投げ分けてたら相当イイ線ですよねえ。でも魔球Xの投げすぎてバテてるし。今回の新選組高校さんも、シンカーったらシンカーばっかのようですし。実は投げ分けて読み勝つところに意義があるのに、必殺技を投げまくって、打たれたら際限なくノックアウト。そして新しい必殺技を開発する…前のはなかったように。そのへん、バトルものっぽいなあと思いました。

|

« 巨人の星(そのいち) | Main | 「タッチ」のこと »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1520434

Listed below are links to weblogs that reference 巨人の星#2(そこから連想するスポーツ漫画):

« 巨人の星(そのいち) | Main | 「タッチ」のこと »