« 関西旅行の巻 | Main | 合併号感想文 »

ミスフル(ファンブック)

で、ミスフルのファンブック買いました。下の記事に書きました通り、帽子なかったら死んじゃうよ!とかツッコミましたが、背番号ってのは一種の記号であり個性でもあるので、記号としてはあっても別に困らないし、個性としてはあったほうがいいと思いますので、なんだかな。こんなとこで感想言ってもなんですがその意見は賛同できませんでした。
あ、再度書いてしまいますがこんなん。

「『観戦一筋だからこそ、野球にもの申す』というか…帽子を排除したのも、『何でみんな同じなんだろう?個性づけすればいいのに』って思ったからなんです。みんな背番号と打順だけでキャラクターを判別するしかないのかなぁって。ずっと疑問に思ってて…『野球って古い慣習に囚われたままでいいのかな』って思って。『背番号も無くていいんじゃないか』と。キャラによってはユニフォーム着てないキャラもいてもいいんじゃないかって思って、何人か作っちゃったんですよ。」

でも観戦一筋でも20年くらい見ているそうなので、それで2死から当たり前のようにスクイズやって3塁走者を刺そうとするとか、屑桐のあからさまなボークとか、…ホントですかー?とか思っちゃったり。

2死からバント、は「ジャストミート」初回のクライマックスでしたけどね。どんなかっていうと、3番が3塁打、でもツーアウト。そこで4番がいきなりバント。ええっなに考えてんの?と当たり前のようにファーストに送球、しかしめっちゃ俊足で一塁はセーフ、これが決勝点、という展開でした。それは普通の展開で、こういうのは別に「2死からバント?!」とは言われないだろうなと。

帽子と背番号は「髪型で個性つけようとすると帽子は邪魔だし、ユニフォームもいろいろ着崩したキャラがいた方が面白いし背番号なくてもいいですか?描くのタイヘンだし、…ってことだと実はこっそり思っていまして、それはそれで全然かまわないと思っておりました。でも帽子って必要だからかぶってるわけで、それで個性が消滅するとか言われても困るし。
全般的なインタビューの傾向としては、軽いノリで言ったであろう言葉も文字に置き換えられるとすんげー痛く感じられるんだなあ、という印象がありました。キャッチャーにああいう格好をさせたヤツは死刑ですね(描くのがすごくタイヘン)というような発言があるんですけど、これって「何様のつもりよ?!」と思わなくもなく(いや、そんなつもりで言ってるんじゃないことは百も承知でマジ怒ってるわけではありませんが、なんて危なっかしく聞こえるんだと思いました)

ファンブックで、野球漫画を週刊で読ませることは難しい、みたいな発言があったのですが、それは本当だと思います。上手くはしょることが必要だと思うんですね。実際野球見てても「あ、このイニングは試合動かないだろうし」みたいなのもあると思いますし、結構観戦するのに集中力が(比較的)必要とされないスポーツだと思います。それでも時折目の覚めるようなプレイが飛び出す。だから2時間以上、3時間以上も見てられるのだと思います。

で、ミスフルは実際のところ、試合展開を上手くはしょることができていないと思いまして。最初に9回フルに描いた試合だからしょーがないと思うんですが、合宿の紅白戦なんかはもう…子津降板まで序盤が激しく高密度、その後あっさり省略。力を抜くところを明らかに間違えているような気がしました…

そういえば辰羅川のモデルは古田捕手だそうです。それは古田にあまりにも失礼かと(暴言)古田がモデルならもっと判りやすく活躍したっていいはずだ!なんか辰羅川って切れる犬飼を制止するコトも出来ずに後でぐだぐだ言い訳してる印象が一番強いもんで。わあひどい言い方。


|

« 関西旅行の巻 | Main | 合併号感想文 »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1159855

Listed below are links to weblogs that reference ミスフル(ファンブック):

« 関西旅行の巻 | Main | 合併号感想文 »