« 人間の証明・第4話 | Main | 関西旅行の巻 »

ワンピース

ワンピでびっくり。おう、こんな展開に。
ってゆーかウソップ可哀想ですねえ。言ってることは(本職の船大工連中に)失礼だし無茶苦茶だし、ルフィの方がおおまかに正しいんだけど(あの、ホントに可哀想だと思ってます?)でもメリーに思い入れがあるし、傷ついた、もういらないから捨てられるっていうメリーをまるで自分と同一視しているような有様が可哀想な…自分のせいで2億なくなって、っていうのが引き金ですし。
ルフィとの会話がいちいち噛み合ってないのが気の毒すぎます。自分のせいで2億なくなった、メリーが直せないんじゃ?と言うウソップに対してルフィは関係ない、1億でもいい船が買えるから大丈夫だと言う。そりゃーあんたもっと冷静に話し合おうよ!ってなもんですが、ルフィの側としては「2億なくなったけど気にするな」っていう論旨だと思うんですね。でもウソップにはそれが悉く「メリーはもうポイ捨て」という無情な結論にしか見えない。ルフィが「おれが船長だ」と言ったのはアイスバーグさんに「それでも船長か」と言われたからなんでしょうけど、あの言い方では船長の権力を振りかざしてるように映ってしまう、という。ウソップの言はさっきも書きましたが無茶苦茶なんですね。もうメリーを直したいと思ってるから。「俺が2億なくした、ごめん」「一流の船大工だから報酬も一流で、俺が金をなくしたせいで直せない」って言ってたのが「船大工にもう直らないって言われた」という話を聞くと、「そんな奴ら信用できるか」「今日会ったヤツの言うこと信じるのか」って、すごいよなあ。もう自分でもなに言ってるか判ってない状態だと思われます。でも痛々しい。ホントに痛々しい。可哀想。
普通に説得しようと思ったらもっと落ち着いたところで船大工のところに連れて行ってウソップに直接話を聞かせるのが一番いいんでしょうが、それでもくってかかるんだろうしね。でもホントにメリーが直らないっていう場合、俺たちが金のために嘘をつくと思うのか?と、職人の誇りをさらっと話されてしまった挙げ句あっさり立ち去られるよーな。でもそれじゃあウソップ余計辛いかも知れないし。
なんか久々にワンピースやたら盛り上がってるように思います。空島編とかもラストは盛り上がったけど、中盤は淡々と進んだし。うーん来週が楽しみです。

|

« 人間の証明・第4話 | Main | 関西旅行の巻 »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/1113850

Listed below are links to weblogs that reference ワンピース:

« 人間の証明・第4話 | Main | 関西旅行の巻 »