« スサノオ | Main | 恋次くん…(ジャンプのこと) »

7/5発売分今週のジャンプ

金曜日なのにジャンプ。
というかブログは嵌ると嵌るのかも。というか月曜日に書いてあって途中だったので完成させました。

まず真中君→おいしいとこどりは天地ではなくてキミでは?そーゆー思い上がった性格って、キミも相当思い上がっているのでは。ああもう今更すぎて。でもやっぱり突っ込み。
つーか正義の味方天地の行動を云々より、白鳥先生までもがって感じで(苦笑)クリスマスにケーキを売る話とかああゆう系統にしょうもないですな…

銀魂→すっかりお妙さんは凶暴キャラになってしまいました。好きですけど、「でも私はちゃんと判ってますから」くらいがよかったかも。かわいそうな卵焼きの話も好きですけど。あの泥棒をよもや長刀で突いたわけではないですよね?(死んじゃいます)
ところで近藤さんが「オレだって触ったことない」というお妙さんのパンツですが、そりゃーパンツを触れる仲ってのは相当ですから、オレだってとかいうのはこの場合どうかと!でもお妙さんも、正面から素っ裸で挑んできなさい(心までノーパンで)って人だから、いいのかもしんない。
そういえば近藤さんはアイスなんか買ってきてくださるそうなんですけど、そういう局長でいいのかなんなのか…
ところでコミックスの「しろくろ」ですが、いくらなんでもあのショートケーキはあんまりなんじゃないか?いくら制作2週間と言ってもいくらなんでも…

で、今回の本題はミスフルってことで。
監督の「十二支に20年前の輝きを取り戻させる為に呼び出された者だ」ってやつ、呼び出したのは多分牛尾主将なわけですよね?そのために貴方に来て頂いたわけですから。まあそれで「オレは加減を知らねえぞ」っていうのがあるわけですが、牛尾主将はどこまで十二支高校黄金期の裏の面までご存じなのか…

もし牛尾主将が羊谷提唱の「十二支黄金時代方式部員ふるい落とし」を知っていたとして、あんなチームメイト思いな、みんなでやっていこう!ってゆー人がそれでいいと思ったのかな?と。
もし、十二支が甲子園に行くために羊谷を呼び戻す→羊谷が牛尾に黄金期について話して、それでもいいのかという話になる→主将がOKする、としたらですね。牛尾主将の思考回路としては「その地獄のサバイバルを僕も部員達と共に受け入れる」とゆーことになると思うんですね。彼としてはそーゆーところで落としどころを見いだすと思うわけです。半分落ちるったってホントに半分落ちるとは限らないし、そこは希望も可能性もあるわけですから。というかそうでなきゃ彼みたいな性格の人は、「部員をふるい落とす地獄のサバイバル」ってのを受け入れがたいと思うのですよ。まあ今までもふるい落としはやってたわけですが、まさか島に行ってサバイバルライフなんてのはありませんでしたし、常識の範囲内でふるい落としていたわけですからねえ。入部試験とかレギュラー選考という形で。

しかし主将は現在、怪我で入院中です。つまり、この地獄のサバイバルを、彼は体験しないわけです。こーれーはー辛いでしょうね。自分も共に試練を受け入れるなら、羊谷を呼んじゃった責任を皆に対して果たせると思うんですよ。だって羊谷を呼ばなかったら、十二支高校野球部には別の道があったわけですから。

もしホントにこんな裏が黄金期にあったとは知らなくて、自分の参加してないところで過酷なふるい落としが行われていると後で知っても辛い。(結果論で参加者全員が乗り越えられたならまだマシでしょうが、それはそれで参加できなかった自分が取り残されたようで辛いわけで)
知るも地獄、知らぬも地獄と言ったら言い過ぎでしょうが、監督があのあと(翌日でも)見舞いなんか行ってみて「実は今ふるい落としの真っ最中」とかお知らせした日には牛尾主将のさらなるメンタル面での試練の日々だなーと思いました。


|

« スサノオ | Main | 恋次くん…(ジャンプのこと) »

「ジャンプのこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38645/935588

Listed below are links to weblogs that reference 7/5発売分今週のジャンプ:

« スサノオ | Main | 恋次くん…(ジャンプのこと) »